Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sinint

構文

説明

sinint(X) は、X の正弦積分関数を返します。

数値引数およびシンボリック引数に対する正弦積分関数

引数に応じて、sinint は浮動小数点解またはシンボリック厳密解の結果を返します。

次の数値について正弦積分関数を計算します。これらの数値はシンボリック オブジェクトではないため、sinint は浮動小数点の結果を返します。

A = sinint([- pi, 0, pi/2, pi, 1])
A =
   -1.8519         0    1.3708    1.8519    0.9461

シンボリック オブジェクトに変換された数値に対する正弦積分関数を計算します。ほとんどのシンボリックな (厳密な) 数値に対して、sinint は未解決のシンボリックな呼び出しを返します。

symA = sinint(sym([- pi, 0, pi/2, pi, 1]))
symA =
[ -sinint(pi), 0, sinint(pi/2), sinint(pi), sinint(1)]

vpa を使用し、これらの解を浮動小数点数で近似します。

vpa(symA)
ans =
[ -1.851937051982466170361053370158,...
0,...
1.3707621681544884800696782883816,...
1.851937051982466170361053370158,...
0.94608307036718301494135331382318]

正弦積分関数のプロット

正弦積分関数を -4*pi から 4*pi までの範囲でプロットします。

syms x
fplot(sinint(x),[-4*pi 4*pi])
grid on

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type functionline.

正弦積分関数を含む式の処理

diffint および taylor などの関数は sinint を含む式を処理することができます。

正弦積分関数の 1 次および 2 次導関数を求めます。

syms x
diff(sinint(x), x)
diff(sinint(x), x, x)
ans =
sin(x)/x
 
ans =
cos(x)/x - sin(x)/x^2

正弦積分関数の不定積分を求めます。

int(sinint(x), x)
ans =
cos(x) + x*sinint(x)

sinint(x) の式のテイラー級数展開を計算します。

taylor(sinint(x), x)
ans =
x^5/600 - x^3/18 + x

入力引数

すべて折りたたむ

入力値。シンボリック数、変数、式または関数、あるいはシンボリック数、変数、式または関数のベクトルまたは行列として指定します。

詳細

すべて折りたたむ

正弦積分関数

正弦積分関数は、次のように定義されます。

Si(x)=0xsin(t)tdt

参照

[1] Gautschi, W. and W. F. Cahill. “Exponential Integral and Related Functions.” Handbook of Mathematical Functions with Formulas, Graphs, and Mathematical Tables. (M. Abramowitz and I. A. Stegun, eds.). New York: Dover, 1972.

バージョン履歴

R2006a より前に導入