ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プログラミングの基礎

手順、制御フロー、対話型の入力

メモ

MuPAD® Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

MuPAD は if-then-else ステートメント、for、while、repeat ループなどの標準的なプログラミング構造をサポートしています。

繰り返し実行したり今後の参照用に保存するようなコマンド シーケンスがある場合、それをプログラム ファイルに保存します。MuPAD プログラム ファイルは、他の計算とは別に保存しておきたいコードの部分が記述されるテキスト ファイルです。コードの部分をプログラム ファイルとして保存しておくと、いくつかの Notebook でコードを使用したいときに非常に便利です。通常、プログラム ファイルには 1 つのプロシージャが記述されます。ただし、複数のプロシージャや関数、代入、ステートメント、テスト、その他の有効な MuPAD コードを記述することもできます。

シンプルなプロシージャのショートカットとして、関数を作成して使用します。プロシージャと比較すると、関数はあまり複雑な構文を必要としません。プロシージャと同様に、関数によって、さまざまな引数対して同じコードを必要なだけ使用できます。

よく使用されるトピック