ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pretty

シンボリック式のプリティプリント

pretty は推奨されません。代わりにライブ スクリプトを使用してください。ライブ スクリプトは完全な数式のレンダリングを備えていますが、pretty はプレーンテキストの書式設定を使用します。「ライブ スクリプトとは」 (MATLAB)を参照してください。

構文

pretty(X)

説明

pretty(X) は、X を数学表記に近いプレーンテキスト形式で出力します。表記を正しくレンダリングするには、代わりにライブ スクリプトを使用してください。「ライブ スクリプトとは」 (MATLAB)を参照してください。

次のステートメントについて考えます。

A = sym(pascal(2))
B = eig(A)
pretty(B)

は以下を返します。

A =
[ 1, 1]
[ 1, 2]

B =
 
 3/2 - 5^(1/2)/2
 5^(1/2)/2 + 3/2
 
/ 3   sqrt(5) \
| - - ------- |
| 2      2    |
|             |
| sqrt(5)   3 |
| ------- + - |
\    2      2 /

次の方程式を解き、続いて pretty を使用して解を数学表記に近い形式で表示します。

syms x
s = solve(x^4 + 2*x + 1, x,'MaxDegree',3);
pretty(s)

読みやすくするために、pretty では長い式の表記に省略形を使用します。

/         -1         \
|                    |
|           2    1   |
|    #2 - ---- + -   |
|         9 #2   3   |
|                    |
|   1         #2   1 |
| ---- - #1 - -- + - |
| 9 #2         2   3 |
|                    |
|        1    #2   1 |
| #1 + ---- - -- + - |
\      9 #2    2   3 /

where

                 /   2       \
         sqrt(3) | ---- + #2 | 1i
                 \ 9 #2      /
   #1 == ------------------------
                    2

         / sqrt(11) sqrt(27)   17 \1/3
   #2 == | ----------------- - -- |
         \         27          27 /

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?