ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィックス

2 次元および 3 次元プロット、イメージ、アニメーション、データ調査、可視化

メモ

MuPAD® Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

MuPAD のグラフィックス関数を使用すると、質の高い出力を提供する高度な対話型操作機能を使用して、2 次元および 3 次元グラフィックスおよびアニメーションを簡単に作成できます。プロットを微調整できるように、MuPAD には、マウス クリックでプロットのすべての部分に簡単にアクセスしてグラフィカルなシーンのツリー構造を対話的に検査および解析できるオブジェクト ブラウザーが備わっています。オブジェクトを選択すると、色、ラインの幅、注釈など、そのオブジェクトに関連付けられたすべてのプロットの属性が表示されます。属性を選択して、その値を対話的に変更できます。

レンダラーの機能は、プロット ライブラリで完全にサポートされます。点、線、多角形などのグラフィカル プリミティブのリストが提供され、それを使用して非常に複雑なグラフィカル シーンを作成できます。プリミティブには、まったく "プリミティブ" ではないものの、高度なアルゴリズムと組み込みのインテリジェンスを伴うグラフィカル オブジェクトも含まれます。たとえば、2 次元および 3 次元の関数グラフ (特異関数向け自動クリップ機能付き)、2 次元および 3 次元の陰関数のプロット、ベクトル場プロット、2 次元および 3 次元の常微分方程式のグラフィカルな解などがあります。

関数とデータの最も簡単なプロット方法は、Use Graphicsを参照してください。