最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフ理論

頂点とエッジを使用したオブジェクト間の組間関係のモデリング

メモ

MuPAD® Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

  • 作成
    グラフの作成、ランダム エッジのコストと重みの使用
  • 変更
    エッジと頂点の追加または削除、エッジと頂点の重みとコストの変更
  • 解析
    エッジと頂点のコスト、重み、数、有彩色数、多項式、他のグラフの特性