最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ファイルの操作

システム ファイルおよびフォルダーとの連携、パスの設定

メモ

MuPAD® Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

MuPAD 環境変数

FILEPATHPathname of a file that is currently loaded
NOTEBOOKFILENotebook file name
NOTEBOOKPATHNotebook path
WRITEPATHSearch path for the command ‘ Write ’ et al.
READPATHSearch path for the command ‘ Read ’

MuPAD 関数

fcloseClose a file
finputRead objects from file
fnameGet a file's name
fopenOpen file
fprintWrite data to file
freadRead and execute file
ftextinputRead text file
pathnameCreate a platform dependent path name
protocolCreate a protocol of a session
readSearch, read, and execute file
readbytesRead binary data from a file
writebytesWrite binary data to a file
writeWrite values of variables into file
Pref::verboseReadShows reading of files

トピック

Set Engine Preferences

Global settings in MuPAD serve for specifying a particular engine you want to run, using additional libraries, startup commands and options. To change global settings: