最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データのインポートとエクスポート

テキストやビットマップ データのインポート、STL 形式でのデータのエクスポート

メモ

MuPAD® Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

MuPAD 関数

export::stlExport STL data
import::csvRead CSV data from an ASCII file
import::readbitmapRead bitmap data
import::readdataRead data from an ASCII file
import::readlispParse Lisp-formatted string

例および操作のヒント

Import Data

If you have an external data set and want to analyze it in MuPAD, import the data to the MuPAD session. To import an ASCII data file to the MuPAD session, use the import::readdata function. Suppose, you want to analyze the world population growth and compare it to the US population growth between 1970 and 2000. The text file "WorldPopulation" contains the required data. To be able to work with the data in MuPAD, import the contents of the file line-by-line by using the import::readdata function. The function returns the following nested list:

概念

The import Library

Use only in the MuPAD Notebook Interface. This functionality does not run in MATLAB.