ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データとファイルの管理

データのインポートとエクスポート、ファイル操作と場所

メモ

MuPAD® Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

ファイル操作関数を使用すると、さまざまな種類のファイルからのデータの読み取り、ファイルの実行、MuPAD Notebook から取得したデータの外部ファイルへの書き込みができます。import ライブラリには、テキストやビットマップ イメージなどの外部データを MuPAD にインポートするための関数が用意されています。