ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

高度なソフトウェア開発

オブジェクト指向プログラミング、エラー処理、コード パフォーマンス、テスト、カスタム機能の MuPAD® への統合

メモ

MuPAD Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

MuPAD Notebook には、カスタムのシンボリック関数、ライブラリおよびデータ型を MuPAD 言語で作成するためのデバッガーおよび他のプログラミング ユーティリティが備わっています。この言語は、命令型プログラミング、関数型プログラミングおよびオブジェクト指向のプログラミングを含む、複数のプログラミング スタイルをサポートしています。この言語は、既定の設定では変数をシンボリックに処理し、シンボリックな数学式の処理と操作用に最適化されています。