最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

le

クラス: qrandstream

ハンドルに対するより小さいまたは等しい関係

構文

h1 <= h2

説明

ハンドルは、同じオブジェクトに対するハンドルの場合は等式になります。すべての比較は、各ハンドル オブジェクトに関連する数値を使用します。同じ MATLAB® セッション内の 2 つのハンドルを繰り返し比較しても同じ結果になる以外は、ハンドル比較の結果について仮定することはありません。ハンドルの値の順番は、純粋に任意であり、比較されているハンドル オブジェクトの状態とは関係ありません。

h1 <= h2 は、ハンドル配列 h1h2 間の要素ごとの比較を行います。h1h2 は、一方がスカラーでない場合は、同じ次元でなければなりません。結果は、同じ次元の logical 配列になります。ここで、各要素は、要素ごとの <=の結果です。

h1h2 のいずれかがスカラーの場合、スカラー拡張が行われ、結果は、スカラーではない配列の次元と一致します。

tf = le(h1, h2) は、同じ次元の logical 配列に結果を格納します。

参考

| | | | |