最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isvalid

クラス: qrandstream

ハンドルの有効性のテスト

構文

tf = isvalid(h)

説明

tf = isvalid(h) は、h のハンドル要素の有効性を要素単位でチェックします。結果は、h と同じ次元の logical 配列です。ここで、各要素は要素単位の有効性の結果です。

削除されたハンドルと、ハンドル配列の要素になっており初期化されていないハンドルは、無効です。