Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

disp

クラス: NonLinearModel

非線形回帰モデルの表示

構文

disp(mdl)

説明

disp(mdl) はコマンド ラインで mdl 非線形モデルを表示します。

入力引数

mdl

fitnlm で構築される非線形回帰モデル。

すべて展開する

非線形回帰モデルを作成して表示します。

reaction データを読み込み、モデル関数と反復の開始値の両方を指定します。

load reaction
modelfun = 'rate~(b1*x2-x3/b5)/(1+b2*x1+b3*x2+b4*x3)';
beta0 = [1 .05 .02 .1 2];

このデータのモデルを作成します。

mdl = fitnlm(reactants,rate,modelfun,beta0);

モデルを表示します。

disp(mdl)
Nonlinear regression model:
    rate ~ (b1*x2 - x3/b5)/(1 + b2*x1 + b3*x2 + b4*x3)

Estimated Coefficients:
          Estimate       SE       tStat     pValue 
          ________    ________    ______    _______

    b1      1.2526     0.86701    1.4447    0.18654
    b2    0.062776    0.043561    1.4411    0.18753
    b3    0.040048    0.030885    1.2967    0.23089
    b4     0.11242    0.075157    1.4957    0.17309
    b5      1.1914     0.83671    1.4239     0.1923


Number of observations: 13, Error degrees of freedom: 8
Root Mean Squared Error: 0.193
R-Squared: 0.999,  Adjusted R-Squared 0.998
F-statistic vs. zero model: 3.91e+03, p-value = 2.54e-13

代替方法

表示を取得するためにコマンド ラインで「mdl」と入力します。ここで mdl はモデルの名前です。