ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

分散分析の紹介

分散分析 (ANOVA) は、標本分散を異なる sources に割り当てたり、ばらつきが異なる母集団群内または間で起こるかどうかを決めるための手法です。標本は、グループ平均の周りのばらつきと、全体の平均の周りのグループ平均のばらつきの点で記述されています。グループ内の分散がグループ間の分散に比べて小さい場合、グループ平均に差があることが考えられます。判断の定量化には仮説検定が使用されます。