Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データセット配列

メモ

dataset データ型は推奨されません。異種混合データを処理するには、代わりに MATLAB® table データ型を使用します。詳細は、MATLAB table ドキュメンテーションを参照してください。

データセット配列とは

Statistics and Machine Learning Toolbox™ では、種類が異なるデータ型の変数が混在して格納されるための "データセット配列" を使用できます。たとえば、数値データ、論理データ、文字ベクトルの cell 配列、categorical 配列を 1 つのデータセット配列変数に結合することができます。

1 つのデータセット配列内で、それぞれの変数 (列) はそれぞれ同質なデータ型でなければなりませんが、変数が異なれば種類が異なるデータ型が混ざっていても問題はありません。データセット配列は通常、観測の多数の単位で測定された一連の変数として解釈されます。つまり、データセット配列の各行は観測に対応し、各列は変数に対応しています。そのため、データセット配列はデータを一般的なスプレッドシートのようにまとめていると言えます。

データセット配列は一意のデータ型で、対応する有効な操作が決まっています。データセット配列に数値しかない場合でも、データセット配列を数値変数のように処理することはできません。データセット配列で有効な操作は dataset クラスのメソッドです。

データセット配列の変換

データセット配列を作成するには、MATLAB ワークスペースに存在する変数を結合するか、テキスト ファイルやスプレッドシートなどのファイルから直接データをインポートします。次の表は、データセット配列の作成に使用できる関数をまとめたものです。

データ ソースデータセット配列への変換
ファイルからのデータdataset
種類の異なるワークスペース変数の混成集合dataset
数値配列mat2dataset
cell 配列cell2dataset
構造体配列struct2dataset
テーブルtable2dataset

export を使用して、データセット配列をテキストまたはスプレッドシート ファイルにエクスポートすることができます。データセット配列を cell 配列または構造体配列に変換するには、dataset2cell または dataset2struct を使用します。データセット配列をテーブルに変換するには、dataset2table を使用します。

データセット配列のプロパティ

データセット配列には、データだけでなく次のようなメタデータも格納できます。

  • 変数名と観測名

  • データの説明

  • 測定の単位

  • 変数の説明

この情報はデータセット配列のプロパティとして格納されます。データセット配列 ds のメタデータを表示するには、コマンド ラインで ds.Properties と入力します。特定のプロパティにアクセスすることもできます。たとえば、変数名 (VarNames プロパティ) にアクセスするには、ds.Properties.VarNames を使用します。この構文を使用すると、プロパティ値の取得と変更の両方ができます。

変数名と観測名はデータセット配列の表示に含まれています。変数名は最上位の行に表示されます。また、観測名がある場合、観測名は最初の列に表示されます。変数名と観測名はデータセット配列のサイズには影響しません。

参考

| | | | | | | |

関連するトピック