ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ型

グループ化変数、カテゴリカル データおよびデータセット配列

Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、2 種類の追加データ型が用意されています。順序付きおよび順序付けられていない離散的な非数値データを処理するには、nominal および ordinal データ型を使用します。異なるデータ型が含まれている複数の変数を単一のオブジェクトに格納するには、dataset 配列データ型を使用します。ただし、これらは Statistics and Machine Learning Toolbox に特有なデータ型です。製品間の互換性を向上させるには、MATLAB® に用意されている categorical データ型または table データ型をそれぞれ使用します。詳細については、categorical 配列の作成 (MATLAB)またはテーブルの作成と操作 (MATLAB)を参照するか、Tables and Categorical Arrays をご覧ください。

関数

すべて展開する

nominalノミナル データの配列
ordinal順序データの配列
dummyvarダミー変数の作成
gplotmatrixグループ別散布図の行列
grp2idxグループ化変数からのインデックス ベクトルの作成
gscatterグループ別の散布図
mat2dataset行列のデータセット配列への変換
cell2datasetcell 配列をデータセット配列に変換
struct2dataset構造体配列のデータセット配列への変換
table2datasetテーブルからデータセット配列への変換
dataset2cellデータセット配列を cell 配列に変換
dataset2structデータセット配列の構造体への変換
dataset2tableデータセット配列のテーブルへの変換
exportデータセット配列のファイルへの書き込み
ismissing欠損値のあるデータセット配列要素の検出
join観測のマージ

クラス

dataset統計データの配列

トピック

カテゴリカル データ

ノミナル配列と順序配列

ノミナル配列と順序配列には、有限個の離散レベルをもつデータが格納されます。これには、自然な順序がある場合もない場合もあります。

ノミナル配列と順序配列を使用する利点

カテゴリ レベルを容易に操作し、統計解析を実行し、メモリ要件を軽減します。

グループ化変数

グループ化変数は観測値のグループ化または分類に使用されるユーティリティ変数です。

ダミー指標変数

ダミー指標変数により、回帰分析でカテゴリ データを使用できます。

ノミナル配列および順序配列をサポートするその他の MATLAB 関数

ノミナル配列と順序配列をサポートする MATLAB 関数について学ぶ。

ノミナル配列と順序配列の作成

関数 nominal および ordinal を使用して、ノミナル配列と順序配列をそれぞれ作成する。

数値データの分類

ordinal を使用して、数値データを分類し categorical 順序配列に格納する。

カテゴリ ラベルの変更

setlabels を使用して、ノミナル配列内または順序配列内のカテゴリ レベルのラベルを変更する。

カテゴリ レベルの追加と削除

ノミナル配列または順序配列に対してデータを追加および削除します。

カテゴリ レベルのマージ

mergelevels を使用して、ノミナル配列内および順序配列内のカテゴリをマージします。

カテゴリ レベルでの並べ替え

reorderlevels を使用して、ノミナル配列内または順序配列内のカテゴリ レベルを並べ替える。

順序配列の並べ替え

順序配列の並べ替え順序を決定します。

カテゴリ別のデータのプロット

カテゴリカル変数のレベル別にデータをプロットします。

カテゴリ別の要約統計

カテゴリカル変数のレベル別に要約統計を計算します。

カテゴリ平均値の差分の検定

t 検定、2 因子 ANOVA (分散分析)、ANOCOVA (共分散分析) を使用してカテゴリ (グループ) の平均値間の有意差を検定します。

ノミナル配列と順序配列を使用したインデックス付けと検索

カテゴリまたはグループによるデータのインデックス付けと検索を行います。

カテゴリカル共変量による回帰

categorical 配列と fitlm を使用してカテゴリカル共変量による回帰を実行します。

データセット配列

データセット配列

データセット配列には種類が異なる型のデータが混在して格納されます。

ワークスペース変数からデータセット配列を作成

MATLAB ワークスペースにある数値配列または異種混合の変数からデータセット配列を作成します。

ファイルからデータセット配列を作成

タブ区切りまたはコンマ区切りテキストのコンテンツ、つまり Excel ファイルからデータセット配列を作成します。

観測値の追加と削除

データセット配列の観測値を追加および削除します。

変数の追加と削除

データセット配列の変数を追加および削除します。

データセット配列変数のデータにアクセス

データセット配列変数とそのデータを操作します。

観測のサブセットの選択

データセット配列から 1 つの観測値または観測値のサブセットを選択します。

データセット配列の観測値の並べ替え

コマンド ラインを使用してデータセット配列の観測値 (行) を並べ替えます。

データセット配列の結合

join を使用してデータセット配列をマージします。

データセット配列のスタック化とその解除

stackunstack を使用してデータセット配列を再構築します。

乱雑な欠損データの整理

データセット配列の観測値の中で欠損データがあるものを検索、整理および削除します。

データセット配列での計算

グループ化変数による平均計算や要約など、データセット配列に対して計算を実行します。

データセット配列のエクスポート

データセット配列を MATLAB ワークスペースからテキスト ファイルまたはスプレッドシート ファイルにエクスポートします。

変数エディターでのデータセット配列

MATLAB 変数エディターにはデータセット配列の表示、変更、プロットに便利なインターフェイスがあります

データセット配列のインデックス処理と検索

データセット配列のインデックス処理を行う多数の方法を学びます。

データセット配列による回帰

次の例では、データセット配列を使用して線形およびステップワイズ回帰解析を行う方法を示します。