ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ClusterCriterion

パッケージ: clustering.evaluation

クラスタリング評価オブジェクト

説明

evalclusters を使用して、クラスタリング評価オブジェクトを作成します。

プロパティ

ClusteringFunction

入力データのクラスタリングに使用されるクラスタリング アルゴリズム。有効なクラスタリング アルゴリズム名または関数ハンドルとして格納されます。クラスタリングの解を入力で指定した場合、ClusteringFunction は空になります。

CriterionName

クラスタリングの評価に使用される基準の名前。有効な基準名として格納されます。

CriterionValues

InspectedK の推奨されるクラスター数のそれぞれに対応する基準値。数値のベクトルとして格納されます。

InspectedK

基準値の計算の対象となる推奨されるクラスター数のリスト。正の整数値のベクトルとして格納されます。

Missing

除外データを表す論理フラグ。論理値の列ベクトルとして格納されます。Missingtrue の場合、データ行列 x の対応する値がクラスタリングの解で使用されません。

NumObservations

データ行列 X の観測値の数から X の欠損値 (NaN) の数を除いた値。正の整数値として格納されます。

OptimalK

最適なクラスター数。正の整数値として格納されます。

OptimalY

OptimalK に対応する最適なクラスタリングの解。正の整数値の列ベクトルとして格納されます。クラスタリングの解を入力で指定した場合、OptimalY は空になります。

X

クラスタリングに使用されるデータ。数値の行列として格納されます。

メソッド

addK追加クラスター数の評価
compactコンパクト クラスタリング評価オブジェクト
plot クラスタリング評価オブジェクト基準値のプロット