Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

resubEdge

再代入による分類エッジ

構文

edge = resubEdge(ens)
edge = resubEdge(ens,Name,Value)

説明

edge = resubEdge(ens) は、学習データで ens により取得される分類エッジを返します。

edge = resubEdge(ens,Name,Value) では、1 つ以上の Name,Value のペア引数で指定された追加オプションを使用して、エッジを計算します。Name1,Value1,…,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

入力引数

ens

関数 fitcensemble で作成されたアンサンブル分類。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

'learners'

1 から NumTrained までのアンサンブルに含まれる弱学習器のインデックス。resubEdge は、これらの学習器をエッジの計算にのみ使用します。

既定値: 1:NumTrained

'mode'

出力 edge の意味を表す文字ベクトルまたは string スカラー。

  • 'ensemble'edge は、アンサンブル全体に対する損失を表すスカラー値です。

  • 'individual'edge は、学習された学習器ごとに 1 つの要素をもつベクトルです。

  • 'cumulative'edge は、学習器の入力リストから学習器 1:J を使用して要素 J が取得されたベクトルです。

既定値: 'ensemble'

出力引数

edge

分類エッジは、ens で学習データをエッジに計算に再代入することにより取得されます。分類エッジは、データ全体で平均された分類マージンです。edge は、mode 名前と値のペアの引数の設定に応じてスカラーまたはベクトルとなります。

すべて展開する

フィッシャーのアヤメのデータを分類するアンサンブルについて、再代入エッジを求めます。

標本データセットを読み込みます。

load fisheriris

AdaBoostM2 を使用して 100 本のブースティング分類木のアンサンブルに学習をさせます。

t = templateTree('MaxNumSplits',1); % Weak learner template tree object
ens = fitcensemble(meas,species,'Method','AdaBoostM2','Learners',t);

再代入エッジを求めます。

edge = resubEdge(ens) 
edge = 3.2486

詳細

すべて展開する