Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

チャートの再利用可能な関数

ステート アクションや遷移条件が複雑なために、ステートや遷移上のインラインでこれらを定義できないことがあります。この場合は、以下の種類の Stateflow® 関数のいずれかを使用して、条件やアクションを表現します。

ステート アクションや遷移条件で必要な計算の種類に対し、最も自然な関数形式を使用します。

標準的な 4 種類の Stateflow 関数が使用できない場合は、独自の C または C++ コードを作成して、チャートに統合できます。カスタム コードの統合の詳細は、Stateflow チャートでのカスタム コードの再利用を参照してください。

関連するトピック