Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

セキュリティ システムのモデル化

この例では、複数の侵入検知センサーをもつ住宅用警報システムをモデル化する方法を説明します。システムが侵入を検知すると、警報を無効にするための猶予が短時間与えられます。割り当てられた時間内に警報を無効にしなかった場合、システムは警察に通報します。

このモデルは、次の使用方法を説明します。

  • パラレル ステート間の調整を行うローカル イベント ブロードキャスト

  • 外部ブロックを駆動する出力イベント

  • システムの周期的なトリガーをシミュレートする入力イベント

このチャートはセキュリティ システムのロジックをモデル化しています。侵入防止センサーのタイプ (窓、ドア、動作検知器) ごとに 1 つずつと、警報を制御する 4 番目のステートの、4 つのパラレル ステートで構成されています。タイム ステップごとに、ステートの右上隅の番号に従って、パラレル ステートが順番に評価されます。

システムへの入力には、警報が有効かどうかを制御する信号と、センサーごとのオン/オフ制御と侵入信号が含まれます。このチャートは、警報を鳴らして警察に通報するための信号を出力します。

実装に関する詳細については、チャートの注釈を参照してください。

関連するトピック