Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

チャートの操作点を操作するためのメソッド

操作点とは、シミュレーション中の特定の時間における Simulink® モデルのステートのスナップショットです。Stateflow® チャートの場合、操作点には以下が含まれます。

  • チャートステートのアクティビティ

  • チャートのローカル データの値

  • チャートの出力データの値

  • MATLAB® 関数内および Truth Table ブロック内の固定データの値

詳細については、Stateflow での操作点の使用を参照してください。

以下のメソッドを使用して、チャートの操作点を操作することができます。ch は、get (Simulink) メソッドを使用して取得するチャートの操作点のハンドルであると仮定します。

オブジェクトのタイプメソッド説明

すべてのチャート オブジェクト

open

グラフィカル オブジェクトは、Stateflow エディターで強調表示されます。

非グラフィカル オブジェクトは、モデル エクスプローラーで強調表示されます。

メモ

MATLAB 関数の固定データは関数エディターで開かれ、スクリプトの該当行で強調表示されます。

ch.data.open

チャート

checkStateConsistency

チャート内のすべてのステートの整合性が確認されます。

  • ステートが非アクティブな場合、サブステートはすべて非アクティブであること

  • パラレル構造が設定されているステートがアクティブな場合、サブステートはすべてアクティブであること

  • 排他的構造が設定されているステートがアクティブな場合、アクティブなサブステートは 1 つのみであること

ch.checkStateConsistency

チャート

clone

チャートの操作点全体が、新しい変数にコピーされます。

newOperatingPoint = ch.clone

チャート

highlightActiveStates

すべてのアクティブなステートが Stateflow エディターで強調表示されます。

ch.highlightActiveStates

チャート

isStateConsistent

すべてのステートが整合性チェックに合格した場合の戻り値は true (1)、合格しなかった場合は false (0) です。

ch.isStateConsistent

チャート

removeHighlighting

Stateflow エディターですべての強調表示が解除されます。

ch.removeHighlighting

ステート

isActive

ステートがアクティブである場合の戻り値は true (1)、アクティブでない場合は false (0) です。

ch.state.isActive

ステート

排他的リーフ ステートである

setActive

ステートがアクティブに設定されます。

同じレベルにあるその他の排他的なステートは、すべて非アクティブになります。

ch.state.substate.setActive

ステート

ヒストリ ジャンクションと排他的サブステートをもつ

getPrevActiveChild

前にアクティブであったサブステートが返されます。

ch.state.getPrevActiveChild

ステート

非アクティブであり、ヒストリ ジャンクションと排他的サブステートをもつ

setPrevActiveChild

前にアクティブであったサブステートが設定されます。

ch.state.setPrevActiveChild("B")

メモ

引数は、サブステートの名前 (引用符で囲む) か、またはサブステートへの操作点の絶対パス (引用符なし) でなければなりません。

関連するトピック