ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ヒストリ ジャンクション

"ヒストリ ジャンクション" は、Stateflow® チャートの判定点の履歴を表します。判定点は、ステート アクティビティに関連する履歴データを基準とします。スーパーステート内にヒストリ ジャンクションを配置すると、次にアクティブになるステートを判定する目的で、ステート アクティビティの履歴情報が使用されます。ヒストリ ジャンクションは、配置された階層のレベルに対してのみ適用されます。

ヒストリ ジャンクションの例

以下の例では、ヒストリ ジャンクションを使用しています。

スーパーステート Power_on には、単一のヒストリ ジャンクションと 2 つのサブステートが含まれています。ステート Power_off がアクティブな状況で、イベント switch_on が発生した場合、システムは Power_on.Low または Power_on.High のどちらかに移行すると考えられます。スーパーステート Power_on への初回移行時には、デフォルト遷移を含んでいるサブステート Power_on.Low に移行します。以降、ステート Power_on.High がアクティブな状況でイベント switch_off が発生した場合は、スーパーステート Power_on が終了して、ステート Power_off がアクティブになります。次に、イベント switch_on が発生します。Power_on.High は最後のアクティブなステートに該当するため、再びアクティブになります。初めて Power_on がアクティブになると、ヒストリ ジャンクションは Power_on.Low に移行するか Power_on.High に移行するかを決定します。

この表記法のセマンティクスに関する詳細は、デフォルト遷移とヒストリ ジャンクションを参照してください。

ヒストリ ジャンクションと内部遷移

ヒストリ ジャンクションに対する内部遷移を指定することで、特定のイベントおよび条件に基づいて、アクティブなステートはいったん終了してからすぐに再入します。

この表記法の例は、ヒストリ ジャンクションへの内部遷移の使用 を参照してください。

この表記法のセマンティクスに関する詳細は、ヒストリ ジャンクションへの内部遷移を参照してください。