Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バリアント ランプの設計

この例では、バリアント遷移を使用してさまざまなソフトウェアの使用状況で利用できるコードを生成するシステムを設計する方法を示します。

一部のランプには調光機能があります。その中には、明るさを高または低に設定できるランプと、高、中、低のいずれかにのみ設定できるランプがあります。

バリアント コンフィギュレーションへのエントリは、ベース ワークスペースで定義されている Simulink パラメーターまたは MATLAB 変数を使用する遷移条件でガードされます。

この例では、バリアント コンフィギュレーションは Simulink パラメーターを使用する条件によりガードされています。この場合、HAS_DIMMER1 と HAS_DIMMER2 はパラメーター オブジェクトです。

Simulink モデルからコードを生成する場合、コードにはアクティブなバリアント ステート マシンのみが含まれます。Embedded Coder を使用する場合、生成されるコードにプリプロセッサ条件付きステートメントを含めることもできます。

詳細については、バリアント遷移を使用したコード生成を参照してください。