Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Stateflow チャートのデバッグ

Simulink® モデルの Stateflow® チャートでは、ほとんどのデバッグ作業は Stateflow エディターから直接実行できます。

  • チャート、ステート、遷移、グラフィカル関数、真理値表関数、ローカル イベント、入力イベントなど、特定のオブジェクトで実行を停止するためにブレークポイントを設定する。

  • ブレークポイントと監視ウィンドウで、ブレークポイントの有効化、無効化、および条件の設定を行う。

  • ブレークポイントと監視ウィンドウで、シミュレーション時に監視するデータを追加する。

  • ブレークポイントで実行が停止した後、データ値を変更してシミュレーションをステップ実行する。

また、シミュレーション時に MATLAB® コマンド ウィンドウで Stateflow データの値を表示し、変更することができます。

MATLAB で実行する Stateflow チャート オブジェクトのデバッグの詳細については、スタンドアロンの Stateflow チャートのデバッグを参照してください。

関連するトピック