Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

操作点の保存と復元

ゼロ以外の時間からシミュレーションを再開する

特定の時間における Stateflow® チャートの操作点を保存します。操作点には、出力、データ、およびコンフィギュレーション パラメーターが含まれます。長いシミュレーションのセグメントを実行し、セグメントを保存して、シミュレーション内の特定の時間を調査します。

トピック

Stateflow での操作点の使用

モデルのシミュレーション時に特定の時間セグメントを保存し、調査する。

チャートの操作点を操作するためのメソッド

特定のメソッドを使用して、チャートの操作点を操作する。

チャートの操作点の使用規則

操作点の使用と変更に関する制限、規則および制約。

チャートの操作点を保存するベスト プラクティス

MAT ファイルとスクリプトを使用して操作点を保存する。

長いシミュレーションのセグメントへの分割

操作点を使用して、長いシミュレーションを短いセグメントにして保存する。

特異なチャート コンフィギュレーションのテスト

特殊なコンフィギュレーションでチャートの応答をテストする。

故障検出ロジックと冗長ロジックをもつチャートのテスト

1 つ以上の故障に対するチャートの応答をチェックする。