Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Stateflow.findMatchingPort

一致する入口端子または出口端子の特定

説明

matchingPort = Stateflow.findMatchingPort(port) は、指定された端子またはジャンクションに一致する Stateflow.Port オブジェクトを返します。

メモ

通常、Stateflow.findMatchingPort は単一の Stateflow.Port オブジェクトを返します。ただし、入口ジャンクションまたは出口ジャンクションが、リンクされた Atomic サブチャートの最上位にある場合、Stateflow.findMatchingPort は開いている Atomic サブチャートの各インスタンスについて、個別の Stateflow.Port オブジェクトを含む配列を返します。

すべて折りたたむ

チャート ch 内で、Atomic サブチャート A に対応する Stateflow.AtomicSubchart オブジェクトを検索します。

atomicSubchart = find(ch,"-isa","Stateflow.AtomicSubchart",Name="A");

出口ジャンクションを Atomic サブチャートに追加します。Atomic サブチャートの Subchart プロパティを、出口ジャンクションの親として使用します。出口ジャンクションの PortType プロパティの値を表示します。

exitJunction = Stateflow.Port(atomicSubchart.Subchart,"ExitJunction");
exitJunction.PortType
ans =

    'ExitJunction'

出口ジャンクションのラベルを "exit" に設定します。

exitJunction.labelString = "exit";

一致する出口端子の Stateflow.Port オブジェクトを検索します。出口端子の PortType プロパティの値を表示します。

exitPort = Stateflow.findMatchingPort(exitJunction);
exitPort.PortType
ans =

    'ExitPort'

出口端子のラベルを表示します。

exitPort.labelString
ans =

    'exit'

入力引数

すべて折りたたむ

端子またはジャンクション。Stateflow.Port オブジェクトとして指定します。

ヒント

  • 入口ジャンクションまたは出口ジャンクションを別の親に移動すると、Stateflow® は一致する端子の Stateflow.Port オブジェクトを削除し、新しい親に Stateflow.Port オブジェクトを作成します。一致する新しい端子を特定するには、関数 Stateflow.findMatchingPort を使用します。

バージョン履歴

R2021b で導入