ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink バス信号のインターフェイスとカスタム C コードの統合

この例では、Simulink® バス信号と Stateflow® チャートの間のインターフェイスを設定する方法を説明します。また、次の方法についても説明します。

  • Simulink.Bus オブジェクトを使用して、構造体型の Stateflow データを定義

  • カスタムの C コードを構造体型のデータと統合

このモデルでは、inbusoutbus はいずれも Stateflow で使用されるバス信号です。2 つの変数は、バス エディターで作成されたバス型、COUNTERBUS のバス オブジェクトとして定義されます。このバス型は、bus_objects.mat ファイル内に保存され、このファイルがコールバック関数 PreLoadFcn としてモデルに読み込まれます。

関連するトピック