Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

洗濯機の故障解析

この例では、洗濯機をモデル化し、その運転中に故障を発生させる方法を説明します。この例では、洗濯機の給水機能が特定の時間に故障するというシナリオで、そのシステム応答をモデル化します。満水となっていない外側ドラムの排水により、電気モーターがオフに切り替わり、洗濯機の運転が中止されます。

モデルの概要

open_system('sscv_washing_machine_fault_analysis.slx')

set_param(find_system('sscv_washing_machine_fault_analysis','FindAll', 'on','type','annotation','Tag','ModelFeatures'),'Interpreter','off')

制御の概要

洗濯機の洗濯サイクルの変更または編集を行うには、ProgramTimer サブシステムを使用します。ProgramTime サブシステムは故障への応答で構成されています。

open_system('sscv_washing_machine_fault_analysis/Control','force')

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、水の入口と出口のバルブ動作 (オン/オフ)、ポンプ動作、および外側ドラムの水位を示しています。入口バルブで故障が発生すると、ポンプがオフに切り替わります。ある程度の時間経過後、出口バルブが開いて、満水となっていない洗濯機のドラムを排水します。

sscv_washing_machine_fault_analysis_plotResults;

clear all
close all
bdclose all