Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

要件リンク

Simulink® Requirements™ を使用して、要件とさまざまな Simulink モデル要素 (ブロック、Stateflow® オブジェクト、Simulink Test™ テスト オブジェクト、Simulink データ ディクショナリ エントリ、MATLAB® コード行、その他の要件など) との間にリンクを作成し、要件がモデル設計にどのように関連しているかを追跡します。

ブロックおよび Stateflow オブジェクトへのリンクは、Simulink エディターから、要件パースペクティブ ビューの [要件ブラウザー] で要件をドラッグすることによって作成できます。Simulink Test テスト オブジェクトへのリンクは、テスト マネージャーから、または要件エディターから作成できます。Simulink モデル要素を要件にリンクする場合の詳細については、ブロックと要件のリンクおよび要件からテスト ケースへのリンクを参照してください。

要件リンクは、要件のカスタム ID に対してではなく、要件の SID (Session Independent Identifier) に接続されます。

リンク可能な項目

要件項目、モデル エンティティ、テスト アーティファクト、およびコード間でリンクを作成できます。

  • SimulinkRequirements オブジェクト:

    • slreq.Requirement オブジェクト

    • slreq.Reference オブジェクト

    • slreq.Justification オブジェクト

  • Simulink エンティティ

    • ブロック

    • サブシステム

    • データ ディクショナリ

  • Stateflow オブジェクト:

    • ステート

    • チャートとサブチャート

    • 遷移

  • SimulinkTest オブジェクト:

    • テスト ファイル

    • テスト スイート

    • テスト ケース

    • 反復

    • 評価

  • MATLAB コード行

  • System Composer™ アーキテクチャ モデル

MATLAB 構造体を作成することにより、URL などの外部アーティファクトをリンク先として設定できます。次の 2 つの方法を使用できます。

  1. リンク先の構造体を作成する。

    myLinkDest = struct('domain', 'linktype_rmi_url', 'artifact', ...
     'www.mathworks.com', 'id', '')
    
    myLinkDest = 
    
      struct with fields:
    
          domain: 'linktype_rmi_url'
        artifact: 'www.mathworks.com'
              id: ''
    
    % Create a link between requirement myReq and mylinkDest
    slreq.createLink(myReq, myLinkDest);
  2. rmi('createempty') を使用して要件リンクのデータ構造体を作成する。rmi を参照してください。

リンク タイプ

設計の要素が要件にどのように関連付けられているかを追跡するには、要件リンクのリンク タイプを指定します。リンク タイプは、要件が上位レベルの要件から派生している場合など、要件同士のリンクの性質も表します。

Simulink Requirements は次のリンク タイプを提供します。

タイプ説明
次に関連要件とモデル要素の間の一般的な関係。このリンクは双方向です。
実装元この要件を実装するモデル要素を指定します。これらのリンク タイプは、実装の状態メトリクスの対象となります。
実装
検証元この要件が満たされることを検証する検証モデル要素またはテスト ケースを指定します。これらのリンク タイプは、検証の状態メトリクスの対象となります。
検証
派生元このリンク元アーティファクトから派生されるリンク先アーティファクトを指定します。
派生
調整リンク元アーティファクトによって指定される機能の詳細を追加するリンク先アーティファクトを指定します。
次で調整済み
確認要件セットと外部の結果ソース間の関係を指定します。これらのリンク タイプは、検証の状態メトリクスの対象となります。
確認者

カスタム リンク タイプも作成できます。詳細については、要件およびリンクのカスタム タイプの定義を参照してください。

要件リンクにはリンク元アーティファクトとリンク先アーティファクトがあります。リンク タイプのほとんどは、リンクの方向と相対的に定義されます。[次に関連] リンク タイプは、2 つのエントリ間の一般的な関係を示します。

[実装]/[実装元] および [検証]/[検証元] リンク タイプは、要件とモデルの関係を表します。実装の状態および検証の状態の概要メトリクスがこれらのリンク タイプから派生するため、これらのリンク タイプをもつ要件に関しては、リンク元アーティファクトとリンク先アーティファクトを正しく指定します。実装状態と検証状態の概要メトリクスの詳細については、要件の実装の状態メトリクス データの確認および要件による検証の状態の要約を参照してください。

要件リンクの確認

リンク ビューから要件リンクを確認します。リンク ビューは、要件エディターおよび要件パースペクティブ ビューの [要件ブラウザー] で使用できます。要件パースペクティブ ビューの [要件ブラウザー] のリンク ビューには、リンク元アーティファクトからの外向きリンクのみが表示されます。要件ビューとリンク ビューを切り替えるには、ツール バーの [表示] ドロップダウン リストを使用します。

Simulink エディターで作業しているときは、要件パースペクティブ ビューのプロパティ インスペクターを使用することにより、個々の要件の要件リンクを確認できます。要件に関連付けられているその他のリンクは、要件ビューの [リンク] ペインに表示されます。既定では、リンク元アーティファクトからの外向きリンクはすべて、リンク セット ファイル (.slmx) に保存されます。要件リンクのストレージの詳細については、要件リンクのストレージを参照してください。

リンクを削除すると、Simulink Requirements はそのリンクの CommentedByCommentedOn、または SID を保持しません。

リンクの関連付け

関連付けられたリンクには使用可能なリンク元とリンク先があります。リンク元とリンク先を使用できない場合、そのリンクは関連付けられません。以下に例を示します。

  • リンクされたブロックをモデルから削除すると、リンクは関連付けられていない状態になります。

  • Simulink Test テスト ファイルなどのリンク元またはリンク先のファイルがメモリに読み込まれていない場合、リンクは関連付けられていない状態になります。

リンク ビューでは、未解決のリンクは で示されます。setSource メソッドと setDestination メソッドを使用してリンクを関連付けます。

リンク情報の読み込みとアンロード

リンク セット ファイル、Simulink モデル、MATLAB またはプロジェクトのパス上のテスト ファイルなど、要件セットに関連するすべてのリンク情報は、要件セットをメモリに読み込んだときに自動的に読み込まれます。リンクを組み込みリンク セットとしてモデルと共に保存する場合は、リンク情報は自動的には読み込まれません。リンク情報は slreq.refreshLinkDependencies コマンドを使用して読み込むこともできます。要件セットをメモリからアンロードすると、リンク情報は自動的にアンロードされます。

参考

| |

関連するトピック