Main Content

Requirements Toolbox の紹介

Requirements Toolbox™ は、要件の作成と管理をモデリング環境と統合します。要件は Simulink®要件エディターで作成できます。ここでは、要件の整理や管理が可能です。また、プラットフォームによっては、Microsoft® Word または Excel® からインポートすることもできます。詳細については、サードパーティ製アプリケーションからの要件のインポートを参照してください。

要件と実装の間のリンク

要件からその実装先の Simulink ブロックまたは Stateflow® オブジェクトにリンクできます。接続は双方向です。つまり、モデル要素から要件を見つけることも、要件からモデル要素を見つけることもできます。

次のことが可能です。

  • 欠損している実装の特定も含めて、実装の進行状況を確認する。

  • 要件の変化に合わせてモデル要素を更新したり、モデルの進化に合わせて要件を明確化することにより、要件の変化に応じる。1 つのコマンドを使用して、変更された要件を見つけることができます。

  • モデルの変更が関連付けられている要件に準拠することを確認する。

詳細については、要件リンクを参照してください。

要件と Simulink Test の間のリンク

Simulink Test™ がある場合は、要件を検証するテストと要件をリンクできます。要件または要件セットを、テスト マネージャーで作成するテストと関連付けることができます。要件にリンクしたテストをテスト マネージャーで実行すると、要件エディターでパス/失敗の結果を確認できます。

Requirements Toolbox でテスト結果を追跡できるため、検証に関する進行状況を確認できます。検証の状態も、欠落している情報や、失敗しているテストに関連付けられている要件のクラスターを特定する際に役立ちます。この情報を使用して、これらの要件の影響と複雑度を理解することができます。

詳細については、テスト ケースの要件ドキュメントへのリンクを参照してください。

追加の要件のトレーサビリティ リンク

Requirements Toolbox では、他のタイプのトレーサビリティ リンクをいくつか作成し、モデル内、および外部ドキュメントに対する関係を多数確立できます。作成できるトレーサビリティ リンクのタイプは次のとおりです。

  • 実装 (設計要素が要件を実装)

  • 検証 (テスト ケースが要件を検証)

  • 次に関連 (モデル要素と要件の間のトレース関係を確立)

  • 派生 (要件が別の要件から派生)

  • 調整 (ある要件が別の要件を調整)

HTML または DOORS® の項目や要件など、他のタイプのドキュメント間で、また、ディクショナリ オブジェクトなどの追加のモデル要素に対してリンクできます。

詳細については、要件リンクを参照してください。

要件の共有と再利用

要件ファイルはモデル ファイルとは別個に保存します。そうすると、複数のモデルから要件ファイルを参照でき、各モデルが複数の要件ファイルを参照できます。要件を別々のファイルに保存すると、モデル間で共通の要件をモジュール化し、同時にモデルに固有の要件を管理することもできます。この方法により、コピーと貼り付けによるエラーの可能性が最小限に抑えられ、要件を共有しているモデル間で要件の同期が保たれます。

要件ファイル (.slreqx ファイル) は、MATLAB のファイル比較ツールを使用して比較できます。このツールは、類似した要件セットの相違点を特定する際に役立ちます。詳細については、要件セットの比較を参照してください。

要件ファイルをプロジェクトに含めることもできます。プロジェクトを開くときに、要件セットをプロジェクト エクスプローラーから要件エディターに読み込みます。詳細については、プロジェクトにおける要件に基づく開発を参照してください。

要件に関する情報を共有するもう 1 つの方法は、要件の定義、リンク、実装の詳細、検証の状態などを含むレポートを生成することです。詳細については、Simulink を使用した要件レポートの生成を参照してください。

関連するトピック