Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

設計エラー検出解析の実行

設計エラー検出のワークフロー

モデルの設計エラーを解析するには、以下のワークフローを使用します。

  1. モデルが Simulink® Design Verifier™ ソフトウェアと互換であることを確認します。

  2. モデル内に Stateflow® オブジェクトがある場合、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断][Stateflow] ペインで、[到達不能の実行パス][エラー] に設定します。

  3. Simulink Design Verifier によるモデル内の設計エラー検出の方法を制御するオプションを指定します。

  4. Simulink Design Verifier 解析を実行します。

  5. 解析結果をレビューします。

メモ

デッド ロジックの設計エラー検出を選択した場合、他のタイプの設計エラー検出を選択することはできません。デッド ロジック検出では、Simulink Design Verifier は単独解析を実行します。デッド ロジックの設計エラーとその他の何らかのタイプの設計エラーを検出する場合は、設計エラー検出解析を 2 回実行しなければなりません。

解析結果の解釈

設計エラー検出解析を実行すると、既定では、解析結果がレビューしやすくなるように、4 色のうちのいずれかでモデル オブジェクトが強調表示されます。

モデル オブジェクトの強調表示色解析結果

グリーン

次のいずれかです。

  • オーバーフローまたはゼロ除算エラーが見つからなかった。

  • デッド ロジックが見つからなかった。

  • ユーザー指定の最小および最大制約の範囲外の中間信号または出力信号が見つからなかった。

  • 配列の範囲外へのアクセス エラーが見つからなかった。

メモ

Simulink Design Verifier によりレッドで強調表示されたオブジェクトが設計に 1 つ以上含まれている場合、モデル内のグリーンで強調表示された他のオブジェクトにもさらに設計エラーが含まれている可能性があります。設計内のオブジェクトが原因でランタイム エラーとなっている場合、Simulink Design Verifier は、その下流のオブジェクトにさらにエラーがあるか、またはそれらのエラーがランタイム エラーの原因となるオブジェクトの結果に依存しているかを特定できない場合があります。最初にレッドで強調表示される原因となったエラーを解決し、解析を再実行して、Simulink Design Verifier によってモデル内の他のオブジェクトもレッドで強調表示されていないか確認してください。

レッド

次のいずれかです。

  • オーバーフローまたはゼロ除算エラーが発生するテスト ケースが 1 つ以上見つかった。

  • デッド ロジックが見つかった。

  • ユーザー指定の最小および最大制約の範囲外の中間信号または出力信号が見つかった。

  • 配列の範囲外へのアクセス エラーが発生するテスト ケースが 1 つ以上見つかった。

オレンジ

1 つ以上のオブジェクティブで、モデルにデッド ロジック、オーバーフロー エラー、ゼロ除算エラー、ユーザー指定の範囲外の信号、または配列の範囲外へのアクセス エラーがあるかどうかを判別できなかった。この状況は次の場合に発生します。

  • 解析がタイムアウトした。

  • エラーが発生したかどうかを判別できない。この結果は次の理由によります。

グレー

モデル オブジェクトが解析に含まれていなかった。

次の例にあるように、まず Simulink Design Verifier の [結果] ウィンドウに解析結果の概要が表示されます。

モデル内のオブジェクトをクリックすると、そのオブジェクトの結果の詳細が Simulink Design Verifier の [結果] ウィンドウに表示されます。

ヒント

既定では、Simulink Design Verifier の [結果] ウィンドウは常に最前面に表示されます。この設定を変更するには、 アイコンをクリックし、コンテキスト メニューで、[常に手前に表示] の横にあるチェック マークをオフにします。

[検証結果の概要] ウィンドウでの最新の解析結果のレビュー

モデル内のエラーの原因を修正するために解析結果を閉じた場合、解析結果をもう一度レビューすることが必要になる場合があります。モデルが開いたままであれば、[検証結果の概要] ウィンドウで最新の解析結果を表示できます。

モデルを閉じると、解析結果は表示できなくなります。

最新の結果を表示するには、[Design Verifier] タブの [結果の確認] セクションで、[検証結果の概要] をクリックします。

[検証結果の概要] ウィンドウからは、任意の Simulink Design Verifier 解析に対して次のタスクを実行できます。

  • モデルにおける、解析結果の強調表示。

  • 詳細な解析レポートの生成。

  • ハーネス モデルの作成。または既に存在する場合はモデルの開始。

    メモ

    反証されたオブジェクティブがない場合、ハーネス モデルは作成できません。

  • データ ファイルの表示。

  • ログ ファイルの表示。

モデル アドバイザーを使用した設計エラーのチェック

モデル アドバイザーから設計エラー検出解析を実行できます。これは他のモデル チェックを実行する必要がある場合に特に便利です。モデル アドバイザーからモデルを解析するには、次の高水準のワークフローに従います。

  1. Simulink Design Verifier によるモデル内の設計エラー検出の方法を制御するオプションを指定します。

  2. モデル アドバイザーを開きます。

  3. システム階層から、解析するモデルまたはモデル コンポーネントを選択します。

  4. 設計エラー検出解析の項目を展開します。[製品別] または [タスク別] のどちらかの下で Simulink Design Verifier を探します。

  5. モデルの互換性チェックを行っていない場合は、Simulink Design Verifier の互換性チェックを有効にします。

  6. 実行する設計エラー検出チェックを選択します。

  7. 選択したチェックを実行します。

  8. 解析結果をレビューします。

関連するトピック