Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Design Verifier ペイン: パラメーター

パラメーター ペインの概要

Simulink® Design Verifier™ によるモデル解析時のパラメーター コンフィギュレーションの使用を制御するオプションを指定します。

パラメーター コンフィギュレーションの有効化

ソフトウェアでモデルの解析時にパラメーター コンフィギュレーションを使用するかどうかを指定します。Simulink Design Verifier の解析で、パラメーターを変数として扱う場合はこのオプションを選択します。

パラメーターの値の範囲または制約を指定するには、

  • パラメーター コンフィギュレーション ファイルを使用します。[パラメーター コンフィギュレーション ファイル] にファイル名を入力します。

  • パラメーター テーブルを使用します。[パラメーター テーブルを使用] を選択します。

設定

既定の設定: オフ

オン

Simulink Design Verifier ソフトウェアによるモデルの解析時に、指定されたパラメーター コンフィギュレーションが使用されます。

オフ

Simulink Design Verifier ソフトウェアはモデルの解析時にパラメーター コンフィギュレーションを使用しません。

依存関係

このパラメーターにより [パラメーター コンフィギュレーション ファイル] が有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVParameters
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

パラメーターの制約値の定義

パラメーター テーブルの使用

パラメーター テーブルを有効にし、パラメーターの値の範囲または制約を指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

Simulink Design Verifier 解析に、パラメーターを変数として定義するパラメーター テーブルを使用します。

オフ

Simulink Design Verifier 解析に、パラメーターを変数として定義するパラメーター テーブルを使用しません。

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化] も選択されている場合、このパラメーターによってパラメーター テーブルが有効になります。

このパラメーターにより [パラメーター コンフィギュレーション ファイル] が無効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVParametersUseConfig
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

パラメーターの制約値の定義

パラメーター コンフィギュレーション ファイル

モデルのパラメーター コンフィギュレーションを定義する MATLAB® 関数を指定します。

設定

既定の設定: sldv_params_template.m

  • 既定のファイル sldv_params_template.m は編集および保存が可能なテンプレートです。テンプレートではコメントにより、パラメーター コンフィギュレーションの指定で使用される構文が説明されています。

  • [参照] ボタンをクリックして、既存の MATLAB ファイルを選択します。

  • [編集] ボタンをクリックして、指定された MATLAB ファイルをエディターで開きます。

依存関係

このパラメーターは、[パラメーター コンフィギュレーションの有効化] によって有効になります。このパラメーターは、[パラメーター テーブルを使用] によって無効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVParametersConfigFileName
タイプ: 文字配列
値: 任意の有効な MATLAB ファイル
既定の設定: 'sldv_params_template.m'

参考

パラメーターの制約値の定義

参照...

パラメーター コンフィギュレーション ファイルを参照します。

依存関係

このボタンは、[パラメーター コンフィギュレーションの有効化] によって有効になります。このボタンは、[パラメーター テーブルを使用] によって無効になります。

編集...

現在のパラメーター コンフィギュレーション ファイルを編集します。

依存関係

このボタンは、[パラメーター コンフィギュレーションの有効化] によって有効になります。このボタンは、[パラメーター テーブルを使用] によって無効になります。

有効

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、このボタンは有効になります。

無効

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、このボタンは有効になります。

クリア

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、このボタンは有効になります。

モデル内で強調表示

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、このボタンは有効になります。

使用

パラメーター テーブルの各行は、Simulink Design Verifier の解析時にそれぞれの指定値に制約できるパラメーターを表しています。

[使用] 列では、この行にある名前のパラメーターと指定の制約を現在のパラメーター コンフィギュレーションで使用するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

現在のパラメーター コンフィギュレーションで、このパラメーターとその指定された制約を使用します。

オフ

現在のパラメーター コンフィギュレーションで、このパラメーターとその指定された制約を使用しません。

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、この列は有効になります。

参考

パラメーターの制約値の定義

名前

パラメーター テーブルの各行は、Simulink Design Verifier の解析時にそれぞれの指定値に制約できるパラメーターを表しています。

[名前] 列には、パラメーターの名前が表示されます。

設定

既定の設定:

ヒント

パラメーター テーブルにモデル パラメーターを読み込むには、テーブルの一番下にある [モデル内を検索] をクリックします。可能な場合、ソフトウェアにより各パラメーターの制約値が自動的に生成されます。

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、この列は有効になります。

参考

パラメーターの制約値の定義

制約

パラメーター テーブルの各行は、Simulink Design Verifier の解析時にそれぞれの指定値に制約できるパラメーターを表しています。

[制約] 列には、パラメーターへの指定値の範囲が表示されます。

設定

既定の設定:

ヒント

パラメーター制約を自動生成するには、パラメーター テーブルの一番下にある [モデル内を検索] をクリックします。

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、この列は有効になります。

参考

パラメーターの制約値の定義

パラメーター テーブルの各行は、Simulink Design Verifier の解析時にそれぞれの指定値に制約できるパラメーターを表しています。

[値] 列には、パラメーターのベース ワークスペースでの値が表示されます。モデルにリンクされている Simulink データ ディクショナリでパラメーターが定義されている場合、[値] 列にはデータ ディクショナリ内のパラメーターの値が表示されます。

設定

既定の設定:

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、この列は有効になります。

参考

パラメーターの制約値の定義

最小値

パラメーター テーブルの各行は、Simulink Design Verifier の解析時にそれぞれの指定値に制約できるパラメーターを表しています。

タイプが Simulink.Parameter で、指定の最小値があるパラメーターの場合、[最小値] 列にはそのパラメーターに対して指定されている最小値が表示されます。

設定

既定の設定:

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、この列は有効になります。

参考

最大値

パラメーター テーブルの各行は、Simulink Design Verifier の解析時にそれぞれの指定値に制約できるパラメーターを表しています。

タイプが Simulink.Parameter で、指定の最大値があるパラメーターの場合、[最大値] 列にはそのパラメーターに対して指定されている最大値が表示されます。

設定

既定の設定:

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、この列は有効になります。

参考

モデル要素

パラメーター テーブルの各行は、Simulink Design Verifier の解析時にそれぞれの指定値に制約できるパラメーターを表しています。

[モデル要素] 列には、そのパラメーターが使用されているモデル要素のパスが表示されます。

設定

既定の設定:

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、この列は有効になります。

参考

パラメーターの制約値の定義

モデル内を検索

モデル内の設定可能なパラメーターが検索され、[パラメーター テーブル] に読み込まれます。モデルでコンフィギュレーション参照を使用している場合、Simulink Design Verifier は、[モデル内を検索] ボタンを使用したパラメーターの検索をサポートしません。詳細については、コンフィギュレーションの複数のモデル間での共有を参照してください。

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、このボタンは有効になります。

ファイルから追加...

ファイルに保存されているリストから [パラメーター テーブル] にパラメーターを追加します。

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、このボタンは有効になります。

ファイルにエクスポート...

[パラメーター テーブル] 内の現在のパラメーターをファイルにエクスポートします。

依存関係

[パラメーター コンフィギュレーションの有効化][パラメーター テーブルを使用] が選択されている場合、このボタンは有効になります。