Main Content

入力範囲の制約

環境の制約を再現する最小および最大の入力値の指定

トピック

  • Simulink 要素と Stateflow 要素に対する入力範囲の指定

    解析で Simulink® 要素と Stateflow® 要素の最小値および最大値がどのように処理されるかについて説明する。

  • 解析結果のレビュー

    Simulink Design Verifier™ の [検証結果の概要] ウィンドウで解析結果をレビューする。

  • 指定された最小値および最大値の違反チェック

    モデルを解析して、指定された設計の最小値および最大値が守られていることを検証する方法を説明します。

  • 最小値と最大値の入力制約

    Simulink Design Verifier 解析が、指定された入力の最小値および最大値をどのように考慮するかについての概要。

  • sldvData フィールドの入力範囲の指定

    入力の最小値および最大値に使用する sldvData フィールドについて説明します。

  • 指定入力の最大および最小制約値としての使用

    この例では、Simulink Design Verifier でのテスト生成時とプロパティ証明時の両方について、解析の制約として入力端子の最小値と最大値を使用する方法を示します。

  • 信号範囲の指定

    シミュレーション中に信号が到達できる最小値と最大値を指定する。設計を完全に指定し、シミュレーション中に信号が到達できる最小値と最大値を指定することでデータ型と生成コードを最適化します。

  • Specify Parameter Configuration for Structure or Bus Parameters

    This example describes how to generate tests that constrain the values for the structures and bus signals in a model. Suppose that your model includes a variable called kpGainsStructure, which is a structure in the MATLAB® workspace. The model uses a Bus Selector block to separate the structure fields into individual bus signals. You can constrain the values of the structure or the values of the bus signals to ensure that they stay within the specified range during simulation.