Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cvtest によるテストの作成

cvtest コマンドを使用すると、テスト仕様オブジェクトを作成できます。オブジェクトの作成後に、cvsim コマンドでこのオブジェクトのシミュレーションを実行します。

cvtest の呼び出しの構文は、既定では次のとおりです。

cvto = cvtest(root)

root は Simulink® モデルまたはモデルのサブシステムの名前またはハンドルです。cvto は生成されるテスト仕様オブジェクトのハンドルです。指定されたモデルまたはサブシステムとその子孫のみがモデル カバレッジの対象となります。

ラベル (結果のレポートに使用) を指定してテスト オブジェクトを作成するには、次を入力します。

cvto = cvtest(root, label)

セットアップ コマンドによるテストを作成するには、次を入力します。

cvto = cvtest(root, label, setupcmd)

セットアップ コマンドは、インストルメント化されたシミュレーションを実行する直前に、ベース MATLAB® ワークスペースで実行します。このコマンドは、テストの前にデータを読み込む場合に使用します。

返される cvtest オブジェクト (cvto) の構造体は次のとおりです。

フィールド

説明

id

読み取り専用の内部データ ディクショナリ ID

modelcov

読み取り専用の内部データ ディクショナリ ID

rootPath

解析対象のシステムまたはサブシステムの名前

label

結果のレポートに使用する文字列

setupCmd

シミュレーションの前に実行するコマンド

settings.condition

条件カバレッジの場合、1 に設定

settings.decision

判定カバレッジの場合、1 に設定

settings.
designverifier

Simulink Design Verifier™ ブロックのカバレッジの場合、1 に設定

settings.mcdc

MCDC カバレッジの場合、1 に設定

settings.overflowsaturation

整数オーバーフローで飽和カバレッジの場合、1 に設定

settings.sigrange

信号範囲カバレッジの場合、1 に設定

settings.sigsize

信号サイズ カバレッジの場合、1 に設定

settings.tableExec

ルックアップ テーブル カバレッジの場合、1 に設定

modelRefSettings.enable

以下のいずれかの値を指定する文字列。

  • Off — すべての参照モデルでカバレッジが無効

  • all — すべての参照モデルでカバレッジが有効

  • filteredexcludedModels サブフィールドに表示されていない参照モデルのカバレッジのみが有効

modelRefSettings.
excludeTopModel

最上位モデルのカバレッジを除外する場合、1 に設定

modelRefSettings.
excludedModels

modelRefSettings.enablefiltered に指定されている場合にカバレッジが無効になる参照モデルのコンマ区切りのリストを指定する文字列

emlSettings.
enableExternal

モデルの MATLAB 関数により呼び出される外部プログラム ファイルのカバレッジを有効にする場合、1 に設定

sfcnSettings.
enableSfcn

モデル内の C/C++ S-Function ブロックのカバレッジを有効にする場合、1 に設定

options.
forceBlockReduction

Simulink の [ブロック削減] パラメーターが有効になっている状態で、このパラメーターを上書きする場合、1 に設定