Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

cvhtml による HTML レポートの作成

シミュレーションで cvsim を使用してテストを実行すると、結果はベース MATLAB® ワークスペースの cv.cvdatagroup オブジェクトまたは cvdata オブジェクトに保存されます。cvhtml コマンドを使用して、これらのオブジェクトの HTML レポートを作成します。

次のコマンドを使用すると、cvdata オブジェクト cvdo のカバレッジ結果の HTML レポートが作成されます。結果は現在の MATLAB フォルダー内のファイル file に書き込まれます。

cvhtml(file, cvdo)

次のコマンドを使用すると、複数の cvdata オブジェクトを組み合わせたレポートが作成されます。

cvhtml(file, cvdo1, cvdo2, ...)

各オブジェクトの結果は、HTML レポートでそれぞれ別の列に表示されます。各 cvdata オブジェクトは同じルート モデルまたはサブシステムに対応していなければなりません。対応していない場合、この関数ではエラーが発生します。