ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

エンドツーエンドの体系的検証での Simulink Coverage

Simulink® Coverage™ を使用すると、エンドツーエンドの体系的検証によって設計およびテストの信頼度を向上することができます。

システム要件

エンドツーエンドの体系的検証は、システム要件から始まります。システム要件では、モデルの設計およびテストと検証の仕様が詳細に定められています。

Simulink Requirements™ のライセンスをお持ちの場合は、Simulink 環境内から、システム要件を作成および管理し、Simulink ブロックを要件にリンクし、検証する要件にテスト ケースをリンクすることができます。詳細については、要件に対するモデルのテストと結果のレポートを参照してください。

シミュレーション データ

カバレッジを記録するには、まずモデルの入力信号を指定します。詳細については、テスト ケースの作成と実行機能テストの実行とテスト カバレッジの解析を参照してください。

Simulink Design Verifier™ のライセンスをお持ちの場合は、指定された入力信号に対して予測される出力信号を指定することもできます。詳細については、機能テストの実行とテスト カバレッジの解析 (Simulink Design Verifier)を参照してください。システムのテスト ケースを自動的に生成することもできます。詳細については、テスト ケース生成のワークフロー (Simulink Design Verifier)を参照してください。

シミュレーション

モデルのカバレッジ オプションの指定が終了したら、モデルをシミュレートしてモデル カバレッジを記録します。モデル カバレッジの種類の詳細については、モデル カバレッジの種類を参照してください。カバレッジ データの複数の実行を記録して、結果を累積できます。詳細については、モデル カバレッジ結果のアクセス、管理および累積​​累積カバレッジ データを参照してください。

Embedded Coder® のライセンスをお持ちの場合は、ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジも記録できます。コード カバレッジ レポートでは、生成されたコードのどの部分がテストによって実行されたかと、モデルのどの要素がモデルのどの部分に関連付けられているかを確認できます。モデルの SIL または PIL のコード カバレッジを有効にする方法については、コード カバレッジ オプションの指定を参照してください。

Simulink Design Verifier のライセンスをお持ちの場合は、プロパティ証明を使用して設計要件をモデル化して検証できます。詳細については、要件に基づく検証 (Simulink Design Verifier)を参照してください。

カバレッジ レポートとモデルの強調表示

シミュレーションのカバレッジを記録したら、カバレッジ レポートとモデルの強調表示を確認して、テストのギャップを特定します。目的は、テストと検証が完全かつ適切であることを確認することです。カバレッジ レポートとモデルの強調表示の詳細については、以下を参照してください。

Embedded Coder のライセンスがあり、ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジを記録する場合は、コード カバレッジ レポートにより、生成されたコードのどの部分がテストによって実行されたかと、モデルのどの要素がモデルのどの部分に関連付けられているかを確認できます。モデルの SIL または PIL のコード カバレッジを有効にする方法については、ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジを参照してください。

未達カバレッジの解決

設計の一部が完全にテストされていないことがわかった場合は、手順を追って未達カバレッジを解決し、テストと検証が完全かつ適切であることを確認できます。詳細については、未達カバレッジの解決を参照してください。

アーカイブとレポート

設計のテストと検証を確認したら、カバレッジ記録の結果をアーカイブおよびレポートできます。詳細については、以下を参照してください。