ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

未達カバレッジの解決

モデル カバレッジ レポートを生成後は、Simulink® Coverage™ を使用して、モデルの未達カバレッジの解決に役立てることができます。

カバレッジの記録と評価

カバレッジ記録を有効にしてモデルをシミュレートしたら、カバレッジ データを評価して、テストのギャップを見つけます。カバレッジ レポートとモデルの強調表示は、設計のどの部分がテスト ケースで十分に実行されたかを理解する上で役立ちます。

詳細については、以下を参照してください。

未達カバレッジの解決

カバレッジ テストでモデルが十分に実行されない場合は、いくつかの手順でカバレッジを拡大できます。

  • モデルを編集する — 必要な設計の一部ではない、意図しない機能がモデルに含まれている場合があります。意図しない機能を削除します。

  • 要件を編集する — 設計のすべての部分を実行するために必要なテストが要件で詳細に説明されていない場合があります。Simulink Requirements™ を使用すると、Simulink 環境内から要件を作成および編集できます。詳細については、要件に対するモデルのテストと結果のレポートを参照してください。

  • 追加のテストを作成する — 既存のテストでは、意図したとおりのシミュレーション入力が要件に従って完全に実行されない場合があります。Simulink Coverage を使用すると、これらの入力をモデル化する追加のテストを作成できます。詳細については、cvtest によるテストの作成テスト ケースの生成 (Simulink Design Verifier)を参照してください。

  • 既存のテストを拡張する — 既存のテストでは、設計のすべての部分が完全に実行されない場合があります。Simulink Design Verifier™ のライセンスをお持ちの場合は、追加のテストを自動的に生成して、設計のテストされていない部分を実行できる場合があります。詳細については、テスト ケース生成を使用したテスト カバレッジの段階的な拡大を参照してください。

  • 結果を正当化する — 障害時にのみ有効になるサブシステムなど、モデルの一部がシミュレーション時に設計に従って実行されない場合があります。このような場合にフル カバレッジを達成するために、未達カバレッジを正当化できます。詳細については、カバレッジ フィルターの規則の作成、編集、表示を参照してください。

結果のレポートとアーカイブ

カバレッジ テストでモデルが十分に実行された場合は、レポートされた結果をアーカイブできます。詳細については、以下を参照してください。

関連するトピック