ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Coverage 製品の説明

モデルと生成されたコードでテスト カバレッジを測定

Simulink® Coverage™ はモデルおよびコードのカバレッジ解析を実行し、モデルと生成されたコードのテストの完全性を測定します。判定、条件、改良条件判定カバレッジ (MCDC) などの業界標準メトリクス、モデルのシミュレーション テストの有効性を評価する関係演算子境界カバレッジ、ソフトウェアインザループ (SIL)、およびプロセッサインザループ (PIL) を適用します。未達カバレッジ データを利用して、テストのギャップ、欠落した要件、または意図しない機能を見つけることができます。

Simulink Coverage はモデル、C/C++ S-Function、MATLAB® 関数、および Embedded Coder® により生成されたコードがどの程度実行されたかを示す対話型のレポートを生成します。ブロックおよびサブシステムのカバレッジ結果を強調表示し、テスト時のギャップを可視化できます。テストの完全性を評価するために、複数回テストを実行してカバレッジ データを蓄積できます。フィルターを適用してブロックをカバレッジから除外したり、レポートの未達カバレッジを正当化したりできます。

業界標準には、DO Qualification KitIEC Certification Kit によって対応しています。

主な機能

  • Simulink モデル (C/C++ S-Function を含む) で実行されたテストからのカバレッジ解析およびレポート

  • Embedded Coder によって生成された C/C++ コードのカバレッジ解析

  • 判定、条件、MCDC および関係演算子の境界を含むカバレッジ メトリクス

  • 信号範囲と複雑度メトリクス (循環的複雑度を含む)

  • ブロック、サブシステムおよびステート チャートにおけるカバレッジ結果の強調表示

  • カバレッジからモデル要素を除外し未達カバレッジを正当化するためのフィルター処理

  • ツールの検定のサポート (DO Qualification Kit および IEC Certification Kit を使用)