ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル カバレッジ ツールの基本操作

この例では、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログを使用して Simulink® モデルのカバレッジを有効にし、レポートされる情報のタイプを調整する方法を示します。

モデル例を開く

Simulink に付属している sldemo_clutch モデル例は、モデル カバレッジの概要を知る上で便利です。このモデルには内部判定機能をもつブロックがいくつか含まれ、制御フローは複数のパスを取ることができます。

sldemo_clutch を開く

[カバレッジの設定] ダイアログを開く

カバレッジの設定は、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログの [カバレッジ] ペインにあります。このペインに自動的に移動するには、Simulink エディターから、[解析][カバレッジ][設定] を選択します。

複数のカバレッジ メトリクスの有効化

カバレッジ ツールを有効にするには、[カバレッジ解析を有効にする] を選択します。この設定により、[カバレッジ] ペイン内の他のオプションが有効になります。

[カバレッジ メトリクス] グループは、シミュレーション時に収集されるカバレッジ情報のタイプを制御します。

[構造カバレッジ レベル] ドロップダウン メニューを使用すると、シミュレーション時に解析する構造カバレッジ メトリクスを選択できます。これらは、最も厳密度が低いもの ([ブロックの実行]) から最も厳密なもの ([修正条件判定カバレッジ (MCDC)]) の順に並べられています。

この例では、[修正条件判定カバレッジ (MCDC)] 構造カバレッジ レベルを選択します。結果のレポートには、判定カバレッジと条件カバレッジの結果も含まれます。

追加のカバレッジ メトリクスは、[その他のメトリクス] トグル パネルの下にあります。黒い矢印をクリックしてこのパネルを展開すると、利用可能なメトリクスが表示されます。すべてのカバレッジ メトリクスを選択すると、最も多くのカバレッジ情報が提供されます。

この例では、[信号範囲][ルックアップ テーブル] を選択します。

[OK] をクリックして選択した設定を適用し、[カバレッジの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

シミュレーションの実行と結果の調査

モデルのカバレッジ収集を有効にすると、モデルをシミュレートしたときにカバレッジ情報が自動的に記録されます。シミュレーションが終了するとカバレッジの結果エクスプローラーが開き、最新のカバレッジ解析の結果が表示されます。

シミュレーションの実行とカバレッジの解析

結果エクスプローラーからカバレッジ レポートを生成

カバレッジの結果エクスプローラーでは、モデルの前回のシミュレーションのカバレッジ結果を処理、表示およびレポートするためのさまざまな機能が提供されています。

カバレッジの結果エクスプローラーのウィンドウ下部にある [レポートの生成] リンクをクリックします。これにより、組み込みの MATLAB® Web ブラウザー内に表示されるカバレッジ情報の HTML レポートが生成されます。

モデル例を閉じる

sldemo_clutch を閉じる