Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カバレッジ結果の評価

カバレッジ レポートの生成、モデルでのカバレッジ強調表示、カバレッジ収集結果のフィルター

Simulink® Coverage™ は、論理条件、意図しない機能、スイッチの位置など、テストされていない設計要素をシミュレーション時に示すために、モデル カバレッジとコード カバレッジを測定します。

トピック

カバレッジの結果

結果エクスプローラーを使用したモデル カバレッジ結果のアクセス、管理および累積

カバレッジを記録した後、結果エクスプローラーからのモデル カバレッジ結果のアクセス、管理および累積。

モデルのカバレッジ結果の表示

モデル要素を強調表示してカバレッジの結果を確認する。

カバレッジ レポートの種類

Simulink Coverage では、シミュレーション後に 1 つ以上のモデル カバレッジ レポートを作成できます。

最上位モデル カバレッジ レポート

ソフトウェアで最上位モデル用に作成されるモデル カバレッジ レポートの節についての説明。

結果からカバレッジの詳細を取得

MATLAB® コマンドを使用して、シミュレーション後に特定のカバレッジ情報を取得。

S-Function ブロック内のカスタム C/C++ コードのカバレッジ結果の参照

モデルにおける S-Function ブロック内の C/C++ コードのカバレッジ結果を参照。

Simulink Test と Simulink Requirements を使用したカバレッジ結果から要件へのトレース

Simulink Test™ を使用して Simulink Coverage レポートで要件のトレーサビリティを表示する。

要件に基づいたテストからのカバレッジ結果の評価

要件に基づいたテストが対応する設計を実行する範囲の評価。

カバレッジ結果から関連するテスト ケースへのトレース

カバレッジ レポートの [テスト集計] セクションで、ユニット テストで達成されたシステム テストのカバレッジを表示する。

モデル カバレッジ Web ビューのエクスポート

モデル カバレッジ Web ビューのエクスポート。

カバレッジのフィルター

カバレッジ フィルターの作成と使用

この例では、Simulink® Coverage™ のモデル カバレッジ フィルターを使用してカバレッジ結果からモデル項目を除外し、レポート内で未達カバレッジを正当化する方法を示します。

カバレッジ フィルターの規則の作成、編集、表示

カバレッジの記録からモデル オブジェクトをフィルターするワークフロー。

カバレッジの結果エクスプローラーの [適用済みのフィルター] セクション

カバレッジの結果エクスプローラーの [適用済みのフィルター] セクションを使用して、Simulink モデルのフィルターの規則を管理します。

カバレッジのフィルター

モデル カバレッジの記録前にカバレッジのフィルターを使用。

カバレッジ フィルターの規則とファイル

モデルに対して設定されたカバレッジ フィルターの規則の管理。

カバレッジ対象からフィルターで除外されるモデル オブジェクト

カバレッジの記録対象からフィルターにより除外できるモデル オブジェクトの種類。

注目の例