ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード カバレッジ データの収集

テストされていない設計要素をシミュレーション時に示すために、Simulink® モデルから生成されたコードまたは Simulink に含まれるコードのカバレッジを測定します

Simulink Coverage™ は、論理条件、意図しない機能、スイッチの位置など、テストされていない設計要素をシミュレーション時に示すために、コード カバレッジを測定します。

関数

slcovmexBuild coverage-compatible MEX-function from C/C++ code
cvtestCreate model coverage test specification object
cvsimSimulate and return model coverage results for test objects
cvhtmlProduce HTML report from model coverage objects
cvmodelviewDisplay model coverage results with model coloring
executioninfoRetrieve execution coverage information from cvdata object
conditioninfoRetrieve condition coverage information from cvdata object
decisioninfoRetrieve decision coverage information from cvdata object
mcdcinfoRetrieve modified condition/decision coverage information from cvdata object

トピック

コード カバレッジ オプションの指定

コード カバレッジのオプションを設定する。

ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジ

SIL および PIL のシミュレーション用にコード カバレッジを設定し、結果を確認。

コード カバレッジの種類

いくつかの種類のコード カバレッジ解析を、SIL モードや PIL モードのモデル、およびサポートされている S-Function ブロックや MATLAB® Function ブロック内のコードについて実行する。

コード ブロックと Simulink ブロックをもつモデルのカバレッジ

コード ブロックと他の Simulink ブロックの組み合わせをもつモデルのカバレッジを記録する。

Simulink モデルのカスタム C/C++ コードのカバレッジ

C/C++ S-Function のモデル カバレッジの解析。

累積カバレッジ データ

連続シミュレーションの実行からの累積モデル カバレッジの収集。

テスト ケースの作成と実行

モデル カバレッジの MATLAB コマンド cvtest および cvsim を使用して、テスト ケースの作成と実行を行う。

注目の例