ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル カバレッジ データの収集

テストされていない設計要素をシミュレーション時に示すために、モデル カバレッジを測定します

Simulink® Coverage™ は、論理条件、意図しない機能、スイッチの位置など、テストされていない設計要素をシミュレーション時に示すために、モデル カバレッジとコード カバレッジを測定します。生成されたレポートのモデルと強調表示されたモデルにおいて、カバレッジ情報を確認し、未達カバレッジを特定し、関連する要件に移動します。カバレッジ目標を満たすために要件、テスト ケースまたは設計を修正する必要があるかどうかを判断します。

関数

cvtestCreate model coverage test specification object
cvsimSimulate and return model coverage results for test objects
cvhtmlProduce HTML report from model coverage objects
cvmodelviewDisplay model coverage results with model coloring
executioninfoRetrieve execution coverage information from cvdata object
conditioninfoRetrieve condition coverage information from cvdata object
decisioninfoRetrieve decision coverage information from cvdata object
mcdcinfoRetrieve modified condition/decision coverage information from cvdata object

トピック

モデル カバレッジの基礎

モデル カバレッジ

モデル オブジェクトのテストの達成度を測定してモデル テストを検証。

モデル カバレッジ収集のワークフロー

モデル カバレッジを使用した効果的なテストの開発。

カバレッジ オプションの指定

Simulink エディターで、カバレッジ記録のオプションをいくつか指定する。

モデル カバレッジの種類

Simulink Coverage に備わっているモデル カバレッジ メトリクス。

モデルのカバレッジ結果の表示

モデル要素を強調表示してカバレッジの結果を確認する。

再利用可能なサブシステムおよび Stateflow® 構造の累積カバレッジの取得

再利用可能なサブシステムをもつモデルの累積カバレッジ結果の作成および表示。

累積カバレッジ データ

連続シミュレーションの実行からの累積モデル カバレッジの収集。

テスト ケースの作成と実行

モデル カバレッジの MATLAB® コマンド cvtest および cvsim を使用して、テスト ケースの作成と実行を行う。

Simulink モデルのカスタム C/C++ コードのカバレッジ

C/C++ S-Function のモデル カバレッジの解析。

モデル カバレッジ オブジェクトの詳細

Simulink Coverage における改良条件判定カバレッジ (MCDC) 定義

Simulink Coverage で使用される MCDC カバレッジの定義を説明する。

Simulink Design Verifier の改良条件判定カバレッジ

Simulink Design Verifier™Simulink Coverage の MCDC カバレッジの違いの説明。

Logical Operator のカスケード パターン

このモデルには、カスケード Logical Operator ブロックのさまざまなパターンが含まれています。

カスケード論理ブロックの MCDC の解析

この例では、Simulink® Coverage™ を使用して Logical Operator ブロックのカスケードの MCDC メトリクスを記録する方法を説明します。

Simulink の最適化とモデル カバレッジ

インライン パラメーター、ブロック削減、条件付き入力分岐実行がモデル カバレッジ データにどのように影響するかの説明。

カバレッジの対象となるモデル オブジェクト

シミュレーション時にモデル カバレッジの対象となるモデル オブジェクト。

カバレッジの対象とならないモデル オブジェクト

カバレッジの対象とならない Simulink オブジェクト。

MATLAB 関数のモデル カバレッジ

MATLAB Function ブロックのモデル カバレッジを使用した結果の解釈。

Stateflow チャートのモデル カバレッジ

モデル テスト ケースがモデル内の制御フローのパスを経由してどの程度シミュレーションを実行するかを判定する。

参照モデルの複数のインスタンスに対するモデル カバレッジ

同じモデルを参照する複数の Model ブロックがモデルにある場合のモデル カバレッジの収集。

MATLAB® Function ブロックのカバレッジ

このモデル例では、モデル カバレッジと MATLAB Function ブロック内の MATLAB コードの関係について説明します。

S-Function のカバレッジ

この例では、カバレッジとの互換性をもつように、レガシ コード ツールで生成される S-Function を構成する方法を示します。

整数オーバーフローで飽和カバレッジ

このモデルをシミュレートして、整数オーバーフローで飽和カバレッジを収集し、レポートします。

注目の例