ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カバレッジ ワークフローの自動化

モデル カバレッジ収集のカスタマイズと自動化

モデル カバレッジ コマンドにより、モデル カバレッジ プロセス全体を MATLAB® スクリプトで自動化できます。モデル カバレッジ コマンドは、モデル カバレッジ テストを設定し、シミュレーションで実行して、結果を保存およびレポートできます。

関数

すべて展開する

slvnvlogsignalsLog test data for component or model during simulation
slvnvmergedataCombine test data from data files
slvnvmakeharnessGenerate Simulink Coverage harness model
slvnvharnessoptsGenerate default options for slvnvmakeharness
slvnvmergeharnessCombine test data from harness models
slvnvruntestSimulate model by using input data
slvnvruncgvtestInvoke Code Generation Verification (CGV) API and execute model
slvnvruntestoptsGenerate simulation or execution options for slvnvruntest or slvnvruncgvtest
slvnvextractExtract subsystem or subchart contents into new model
slcovmexBuild coverage-compatible MEX-function from C/C++ code
cvtestCreate model coverage test specification object
cvsimSimulate and return model coverage results for test objects
cvexitExit model coverage environment
cvloadLoad coverage tests and stored results into memory
cvsaveSave coverage tests and results to file
cvresultsReturns active coverage data, clears and loads active coverage data from a file
cvmodelviewDisplay model coverage results with model coloring
conditioninfoRetrieve condition coverage information from cvdata object
decisioninfoRetrieve decision coverage information from cvdata object
executioninfoRetrieve execution coverage information from cvdata object
getCoverageInfoRetrieve coverage information for Simulink Design Verifier blocks from cvdata object
mcdcinfoRetrieve modified condition/decision coverage information from cvdata object
complexityinfoRetrieve cyclomatic complexity coverage information from cvdata object
overflowsaturationinfoRetrieve saturation on integer overflow coverage from cvdata object
relationalboundaryinfoRetrieve relational boundary coverage from cvdata object
sigrangeinfoRetrieve signal range coverage information from cvdata object
sigsizeinfoRetrieve signal size coverage information from cvdata object
tableinfoRetrieve lookup table coverage information from cvdata object
cvhtmlProduce HTML report from model coverage objects
slwebview_covExport Simulink models to Web views with coverage

クラス

すべて展開する

slcoverage.BlockSelectorSelect blocks for coverage filter
slcoverage.CodeSelectorSelect custom C/C++ code for coverage filter
slcoverage.FilterCoverage filter set
slcoverage.FilterRuleCreate coverage filtering rule
slcoverage.MetricSelectorSelect metric criterion for coverage filter
slcoverage.SelectorGet selectors of all types
slcoverage.SFcnSelectorSelect S-function criterion for filtering rule

トピック

cvtest によるテストの作成

テスト対象のモデルまたはモデルの一部を指定するテスト オブジェクトの作成。

cvsim によるテストの実行

テスト オブジェクトを実行 (シミュレーションを実行) します。このテスト オブジェクトに対する結果オブジェクトが作成されます。

cvhtml による HTML レポートの作成

結果オブジェクトのレポートを作成

cvsave によりテスト実行結果をファイルに保存

テスト オブジェクトとその結果オブジェクトをファイルに保存します。

cvload による保存されたカバレッジ テスト結果の読み込み

テスト オブジェクトと結果オブジェクトがあるファイルを読み込み、モデル カバレッジ データのレポートを新規作成。

結果からカバレッジの詳細を取得

MATLAB コマンドを使用して、シミュレーション後に特定のカバレッジ情報を取得。

スクリプトでのカバレッジ コマンドの使用

モデル カバレッジ コマンドの使用方法を示すスクリプト例。

テスト ケースの作成と実行

この例では、Simulink® Coverage™ のコンポーネント検証関数を使用して、入力信号のログ作成、ハーネス モデルの作成およびテスト ケースの実行を行う方法を説明します。

コマンド ライン検証のチュートリアル

この例では、Adjustable Rate Limiter の 3 つのテスト ケースを作成し、モデル カバレッジ ツールのコマンド ライン API を使用して、結果のモデル カバレッジを解析します。

parsim を使用した並列シミュレーションのカバレッジの記録

この例では、SimulationInput オブジェクトおよび parsim コマンドを使用して、異なるテスト ケースに対応する Simulink® の複数の並列シミュレーションのカバレッジを記録する方法について説明します。