Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム コンフィギュレーションの読み込みと検証

カスタム コンフィギュレーションを読み込んでモデル アドバイザーで使用することができます。モデル アドバイザーの設定エディターを使用して指定したフォルダーとチェックが、カスタム コンフィギュレーションに表示されていることを確認すると、モデル アドバイザーモデル アドバイザーを開くたびに、そのコンフィギュレーションが使用されるように設定できます。

コンフィギュレーションを読み込む前に、Advisor.Manager.refresh_customizations を使用して Simulink® 環境を更新します。カスタム コンフィギュレーションを読み込むための環境の更新を参照してください。

  1. [モデル化] タブで [モデル アドバイザー] を選択してモデル アドバイザーを開きます。

  2. [設定][構成の読み込み] を選択します。モデル アドバイザー レポートが別の構成に対応していることを示す警告が表示された場合は、[読み込み] をクリックして続行します。

  3. [開く] ダイアログ ボックスで、編集対象の構成を指定して選択します。

  4. [開く] をクリックします。

    Simulink は、新しいコンフィギュレーションを使用してモデル アドバイザーを再読み込みします。そのコンフィギュレーション ファイルの名前がウィンドウ上部に表示されることを確認してください。

    メモ

    モデル アドバイザーは、モデル アドバイザー設定を読み込むときに欠けているチェックについて自動的に警告を出します。この警告を非表示にするには、欠けているチェックについての警告メッセージの非表示を参照してください。

  5. モデル アドバイザーの内容を参照して、カスタム コンフィギュレーション ファイルで指定したフォルダーおよびチェックが表示されていることを確認します。正しいコンフィギュレーション ファイルが使用されていない場合、モデル アドバイザーの設定エディターを使用したモデル アドバイザーのカスタマイズおよびカスタム コンフィギュレーションを読み込むための環境の更新を参照してください。

  6. モデル アドバイザーがこのコンフィギュレーションを使用するようにするには、[設定][現在の設定を既定の設定にする] を選択します。

関数 ModelAdvisor.setDefaultConfiguration を使用して、モデル アドバイザーが使用する既定のコンフィギュレーションをプログラムによって指定することもできます。