最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

依存性解析とは

プロジェクトの依存関係の解析

プロジェクトでは、[依存関係の解析] ビューを使用して、プロジェクトの構造を解析し、プロジェクトに必要なファイルを検出することができます。

  • 必須ファイルをすべて含んだプロジェクトを設定するために、依存関係解析を使用できます。

    Simulink® モデルで、[ファイル][プロジェクト][モデルからプロジェクトを作成] を選択します。

    Simulink はモデルで依存関係の解析を実行し、必要なファイルや、すべての依存関係を含んでいるプロジェクト ルートの場所を特定します。モデルからのプロジェクトの作成を参照してください。

    または、モデルをプロジェクトに手動で追加して、モデルの依存関係を解析してから、すべての依存ファイルをプロジェクトに追加することができます。依存性解析の実行を参照してください。

  • 依存関係の解析の [影響] グラフ ビューを使用すると、プロジェクトの構造を視覚的に解析できます。影響解析を実行して、特定のファイルの変更による影響を発見できます。このグラフでは、プロジェクトの構造の検証、プロジェクト全体または選択したファイルに必要なツールボックスの特定、ファイルを開く/編集/実行、ラベルの追加およびファイルのエクスポートを実行することができます。影響解析の実行を参照してください。

    影響解析では、変更を行う前に、他のファイルに対する変更の影響を確認できます。次に例を示します。

    • 要件ドキュメントにリンクされている設計ファイルを検索することによって、要件に対する変更の潜在的な影響を調べます。

    • 変更をコミットする前に、変更されたファイルの上流および下流の依存関係を検索することにより、変更セットの影響を調べます。これらの依存関係の検索は、変更が必要な設計ファイルとテスト ファイルの識別や実行する必要のあるテストの発見に役立ちます。

  • 依存関係の解析は、必須ファイルがプロジェクトにすべて含まれていることを確認するときにいつでも、ワークフローの任意の時点で実行できます。たとえば、プロジェクトのバージョンをソース管理に送信する前に、依存関係を確認します。結果の処理については、依存関係結果のチェックおよび問題の解決を参照してください。

  • プロジェクトで要件ドキュメントを検索できます。プロジェクトでの要件ドキュメントの検索を参照してください。

  • 依存関係の解析を行った後、ファイルを開くかラベルを付けて、結果をワークスペース変数、イメージまたは再読み込み可能なファイルとしてエクスポートするか、カスタム タスク処理用にファイルを送信できます。結果をエクスポートすると、影響解析の結果をさらに処理またはアーカイブできます。エクスポートしたファイルのリストを、変更の影響を説明するレポートまたはアーティファクトに追加できます。依存関係の解析の結果の保存、表示および比較を参照してください。

ヒント

ファイルレベルの影響解析を実行して変更されたファイルによって影響を受けるテストを検索および実行する方法の例は、プロジェクトによる影響解析の実行を参照してください。

モデル依存性解析

プロジェクトを使用して、プロジェクト全体のファイルの依存関係を解析します。"特定の" モデルの詳細な依存関係解析には、マニフェスト ツールを使用するとさらに多くのオプションを管理できます。以下を行う場合はマニフェスト ツールを使用します。

  • プロジェクトに存在しないモデルを解析します。

  • モデルの依存関係のリストをマニフェスト ファイルに保存します。

  • 依存関係が発生する場所を特定するためにレポートを作成します。

  • 依存関係解析の範囲を制御します。

モデル依存関係の解析を参照してください。

関連するトピック