Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サブシステムの基礎

サブシステムは、1 つの Subsystem ブロックに置き換えられる一連のブロックです。モデル サイズが大きくなり、複雑さが増しても、複数のブロックをサブシステムとしてグループ化することでモデルを読みやすくすることができます。

サブシステムを使用すると、次のことができます。

  • 階層的なブロック線図を作成し、サブシステムを構成するブロックを Subsystem ブロックの層とは別の層に配置する。

  • 機能的に関連したブロックを 1 つに集約する。

  • モデル ウィンドウに表示されるブロック数の削減に利用する。

サブシステムのコピーを作成すると、そのコピーは元のサブシステムには依存しません。1 つのモデル内または複数のモデル全体で使用されるサブシステムのコンテンツを再利用するには、参照モデルまたはライブラリを使用します。

サブシステムの種類

サブシステムはバーチャルまたは非バーチャルのどちらでも構いません。バーチャル サブシステムはモデルにグラフィカルな階層を提供し、モデルの実行には影響しません。非バーチャル サブシステムはモデルにグラフィカルな階層を提供し、単一ユニットとして実行します。

Simulink® は非バーチャル サブシステムを次のような種類に分類します。

サブシステムのタイプ説明
Atomic サブシステム

単一ユニットとして実行されるサブシステム

Enabled Subsystem

外部入力によって実行がイネーブルになるサブシステム。

Triggered Subsystem

外部入力により実行がトリガーされるサブシステム。

Function-Call Subsystem

外部関数呼び出し入力により実行が制御されるサブシステム。

Enabled and Triggered Subsystem

実行が外部入力によって有効化され、トリガーされるサブシステム。

Resettable Subsystem

外部トリガーでブロックの状態がリセットされるサブシステム。

If Action Subsystem

If ブロックで実行が有効化されるサブシステム

While Iterator Subsystem

シミュレーション タイム ステップ中に論理条件が true の間、実行を繰り返すサブシステム。

For Iterator Subsystemシミュレーション タイム ステップ中に指定された反復回数だけ実行を繰り返すサブシステム。
For Each Subsystem

入力信号の各要素またはサブ配列で実行を繰り返し、結果を連結するサブシステム。

関連するトピック