最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink デバッガーでのアクセラレータ モードの実行

デバッガーでアクセラレータ モードを使用する利点

デバッグする必要がある大規模で複雑なモデルがある場合は、アクセラレータ モードを使用して、デバッグ セッションを短縮できます。たとえば、大規模なモデルをシミュレートし、離れたブレーク ポイントにすばやく到達できます。

詳細については、アクセラレータ モードを参照してください。

メモ

デバッガーでラピッド アクセラレータ モードを使用することはできません。

デバッガーの実行方法

デバッガーを使用してアクセラレータ モードでモデルを実行するには、以下のようにします。

  1. [シミュレーション] タブの [シミュレーション] セクションで、ドロップダウン メニューから [アクセラレータ] を選択します。

  2. コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    sldebug modelname
  3. デバッガー プロンプトで、次のように時間によるブレークポイントを設定します。

    tbreak 10000
    continue
    
  4. ブレークポイントに到達すると、デバッガー コマンド emode (実行モード) を使用してアクセラレータ モードとノーマル モードを切り替えます。

ノーマル モードへの切り替えが可能な場合

シミュレーションをブロックごとにステップ実行し、次のデバッグ コマンドを使用する場合は、ノーマル モードに切り替えなければなりません。

関連する例

詳細