Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

MATLAB Function ブロックでの単位

入出力データの単位

MATLAB Function ブロックは、データ入出力のプロパティとして物理単位の指定をサポートします。単位の指定には [単位 (m、m/s^2、N*m など)] パラメーターを使用します。単位のフィールドで入力を開始すると、このパラメーターによって、Simulink® でサポートされる単位の一致入力候補が示されます。既定では、このプロパティは対応する入出力端子の Simulink 信号から単位を継承する設定になっています。出力データで [データを Simulink の信号オブジェクトに関連付ける] プロパティを選択すると、単位は指定できません。この場合、出力データには、出力端子に接続されている Simulink 信号と同じ単位の種類が割り当てられます。

モデル内の Simulink ラインに単位を表示するには、[デバッグ] タブで [情報のオーバーレイ][単位] を選択します。

整合性のチェック

MATLAB Function ブロックは、Simulink の信号線の単位と、ブロックの対応する入出力データに対する単位設定との整合性をチェックします。単位が一致しない場合、Simulink ではモデルの更新時に警告が表示されます。

Stateflow の単位の制限

単位プロパティの設定は、MATLAB Function ブロックの実行に影響しません。Simulink は、入出力に接続されている対応する Simulink 信号線との整合性のみをチェックします。MATLAB Function ブロック内の割り当ての整合性はチェックしません。たとえば、Simulink は、単位が ft に設定されている入力が、単位が m に設定されている出力に割り当てられていても警告しません。MATLAB Function ブロックは単位変換を行いません。

関連するトピック