Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Function ブロック内の構造体のタイプ

MATLAB Function ブロックでは、バス信号とやり取りする入力または出力として構造体データを定義できます。MATLAB Function ブロックはバス配列もサポートします。また、MATLAB® 関数の内部に、MATLAB Function ブロックの一部ではない構造体も定義できます。

次の表は、MATLAB Function ブロック内で各種の構造体を作成する方法をまとめています。

スコープ作成方法詳細
入力構造体を入力スコープで作成します。最上位の MATLAB 関数内では構造体データを入力または出力として作成して他の環境とのインターフェイスに使用できます。MATLAB Function ブロック内での構造体の作成を参照してください。
出力構造体を出力スコープで作成します。
ローカルMATLAB 関数内でローカル変数を暗黙的に作成します。コード生成のためのスカラー構造体の定義を参照してください。
持続MATLAB 関数内で変数が持続することを宣言します。persistent を参照してください。
パラメーター構造体を Parameter のスコープで作成します。構造体パラメーターの定義と使用を参照してください。

MATLAB Function ブロック内の構造体にはあらゆるデータ型とサイズのフィールドを含めることができ、Mux 信号、バス、構造体の配列なども含めることができます。

関連する例

詳細