Main Content

シナリオによるシミュレーション用の MATLAB スクリプトの生成

シナリオをモデルに関連付けた後で、MATLAB® スクリプトを生成してバッチ シミュレーションを実行できます。これらのスクリプトを使用すると、対話型シミュレーションまたはバッチ シミュレーションのために、複数の入力信号のセットを Simulink® モデルに接続できます。シミュレーションを複数回実行してすばやくデータを生成できます。このトピックでは、実行する準備が整っているシナリオがあると仮定します (ルート Inport のマッピング シナリオを参照)。

  1. シナリオをモデルに関連付けます。

  2. [スクリプト] セクションで [MATLAB スクリプトの生成] をクリックし、プロンプトが表示されたらスクリプト名を入力します。

  3. スクリプトを実行するために [スクリプトの実行] をクリックします。

  4. シミュレーションの結果を評価するために、ベース ワークスペースを表示します。

結果となるスクリプトは Simulink.SimulationInput オブジェクトと関数 parsim を使用します。

参考

|

関連するトピック