ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号の次元

信号の次元について

Simulink® ブロックは、1 次元または 2 次元の信号を出力することができます。Simulink ユーザー インターフェイスとドキュメンテーションは、一般に 1 次元信号を ベクトル、2 次元信号を行列として参照します。1 要素配列はスカラーとも呼びます。行ベクトルは、1 行の 2 次元配列です。列ベクトルは、1 列の 2 次元配列です。

  • 1 次元信号は、シミュレーション タイム ステップごとに 1 つの配列 (ベクトル) をもつ単一周波数の 1 次元配列出力のシリーズで構成されます。

  • 2 次元信号は、ブロックのサンプル時間ごとに 1 つの 2 次元配列 (行列) をもつ単一周波数の 2 次元配列のシリーズで構成されます。

  • 多次元信号は、ブロック サンプル時間ごとに 1 つの配列という頻度で出力される多次元 (2 次元以上) 配列のシリーズで構成されます。多次元配列は、[4 3] のように、有効な MATLAB® 多次元表現を使用して指定できます。多次元配列については、多次元配列 (MATLAB)を参照してください。

Simulink ブロックは、シミュレーション中に受け取ったり出力することが可能な信号の次元で変化します。ブロックの中には、任意の次元の信号を受け入れ、出力できるものがあります。スカラーまたはベクトル信号のみを受け入れ、出力できるものもあります。特定のブロックの信号の次元を確認するには、そのブロックのドキュメンテーションを参照してください。非スカラー信号の出力が可能なブロックに対して出力信号の次元を決定するものについては、出力信号の次元の決定を参照してください。

メモ

Simulink は、シミュレーション中に信号の大きさが動的に変化することをサポートしません。つまり、信号の次元は、シミュレーションの実行中に定数でなければなりません。ただし、シミュレーション中に信号のサイズを変更できます。可変サイズの信号の基礎を参照してください。

多次元信号をサポートする Simulink ブロック

Simulink ブロック データ型サポート テーブルには、多次元信号をサポートするブロックを識別する列が含まれます。

  1. Simulink エディターで、[ヘルプ] メニューから、[Simulink][ブロック データ型とコード生成のサポート][すべてのテーブル] をクリックします。

    別のウィンドウで Simulink ブロック データ型サポート テーブルが表示されます。

  2. [ブロック] 列で、Simulink ブロックという名前を見つけます。右の列はデータ型または機能です。列に [X] が付いている場合は、その機能がサポートされていることを示します。

Simulink は、32 次元までの信号をサポートしています。32 次元以上の信号は使用しないでください。

関連するトピック